stats
mau

Instagram、月間アクティブユーザー9000万人、写真アップロード4000万枚/日、「いいね!」8500回/秒

次の記事

モバイル決済のSquareが内製のデバッガSquashをオープンソース化

本日(米国時間1/17)Instagramが統計データを発表した。同社が自社サービスに関する数字について語ったのは、Facebookによる買収後の利用規約変更を巡る騒動以来だ。内部データが示しているは強い絆とユーザー数の増加であり、 以前AllThingsDが報じたInstagramアクティブユーザー数の減少は見られない。これらの数値と、第三者による悲観的記事との間に差異があるのは、Instagramが月間アクティブ数(現在9000万人)を追跡しているのに対して、他がより不安定な日間アクティブ数を使っていることが原因の一つだ。

モバイル写真共有アプリが報告したその他のデータは、ユーザーがInstagramと関わる様子を具体的に表している。例えば同サイトには毎日4000枚の写真がアップロードされ、ユーザーは毎秒8500件の「いいね!」と1000件のコメントを付けている。これは、Instagramによる利用規約変更の提案がどのように受け止められたにせよ、多くのユーザーは記録的なペースで同サービスとの対話を続けているという強い証拠だ。AllThingsDのMike Isaacも、今日報告された9000万人という数字は、9月に報告されたユーザー数1億人と比べると劣っているように見えるが、以前同社が公表していたのは登録ユーザー数で、今回の数字はアクティブなアカウント数なので、現時点の全登録ユーザー数は恐らくずっと多いだろう、と指摘している。

ちなみにFacebookは、1秒間の「いいね!」とコメントを合わせた数が3万7037件で、これは昨年8月に日間平均値を公表した時のデータだ。Instagramの秒間9500件という数値は確かに少ないが、モバイルのみで、まだ新しいサービスであることを踏まえれば立派なものだ。Facebookは、10月には月間アクティブユーザー(ある月に1回以上ログインしたユーザーの数に基づく)10億人の節目に達したことを報告した。

Instagramがこのデータを公表した2日後には、改訂された利用規約が発効する。当初の改訂案に対するフィードバックを反映したものだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)