Samsung、8インチGalaxy NoteでiPad mini追撃か

次の記事

Microsoft BingがFacebookとの提携でソーシャル検索を大幅強化―近況アップデート、リンク、コメントも検索対象に

SamsungがGalaxyブランドを導入したのは昨日のことのように思えるが、またたく間にわれわれは、わずか数機種の携帯電話から、数十種類もの携帯電話、タブレット、さらにはその中間の奇妙な代物を見ることになった。

噂のGalaxyブランド最新機種は小型のノートタブレットで、iPad mini、Kindle Fire HDなどとの競合を意識しているものと思われる。

SamMobileによると、そのタブレットはGalaxy Note 8.0と呼ばれ、兄貴分のGalNote 10.1とほぼ同じ機能を備えながら、8インチのフォームファクターを持つという。記事によると、同タブレットには3G + WiFiおよびWiFiのみの2つのタイプがある。

Galaxy Note 8.0には、1280×800 TFT 8インチ画面と500万画素の背面カメラと、ビデオチャット用に130万画素の前面カメラが塔載されるとも言われている。他にもRAM 2GB、内蔵ストレージ16GBまたは32GB、および拡張メモリー用SDカードスロット等の標準仕様を備える。

Android 4.2 Jellybeanと共に出荷される可能性が高い。

8インチというフォームファクターは、現状のSamsungにとって理にかなっている。Kindle Fireが好調で、昨年末Appleは同様のサイズのiPad miniを発売したばかりだ。

7インチタブレットは、Galaxy Noteスマートフォンの領域を浸する恐れがあり、もっと大きなタブレットはSamsungの看板タブレットであるGalaxy Note 10.1を食うリスクを負う。

価格、発売日程、使用プロセッサーなどは不明だが、いずれSamsungから正式発表があるだろう。同タブレットは、2月のMWC(Mobile World Congress)で発表されることが予想される。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)