iPhoneが自動回転するパノラマアプリ、Cycloramicがバージョン2.0に

次の記事

Google、マウンテンビュー本社地域で新しい高速無線ネットワークの実験を申請

Cycloramicが動作するところを初めて見た人は、近くのどこかに「名前を言ってはいけないあの人」がいて、闇の魔術であなたのiPhoneを操作していると思うかもしれない。

実際には、テーブル上でバランスを取りながら回転する正確な周波数になるように、アプリがiPhoneのバイブレーターを制御しているだけだ。その間にあなた(あるいはWoz)は、360度全周ビデオを撮影することができる。

しかし、アプリの開発者たちはもう一段階上を目指して、Cycloramic v2.0にアップデートした。

今度はビデオだけでなく、高解像度パノラマ写真も撮れるようになった。iPhone 5ユーザーは、ビデオと同じようにハンズフリーで撮影できる。iPhone、iPad、iPod touchのユーザーは、手動でパノラマモードを使うことができる。アプリにはサウンドとバイブレーションによるガイド機能があるので、遅すぎたり速すぎたりするとアプリが教えてくれる。

iOS 6にアップグレード済みのユーザーは、すでにパノラマモードが内蔵されているので、これが本当に便利なのは、デバイスをバランスよく平面上に置いて完璧なパノラマを撮りたいiPhone 5ユーザーだけだ。もちろん、もしあなたがiPhone 4Sユーザーでパノラマ写真で失敗しているなら、サウンドとバイブレーションのガイドが役に立つかもしれない。

開発チームは他にも細かい修正を加え、Facebookへのシェア、ビデオ画質の制御、ビデオモードでの回転スピードの制御などが可能になった。またパノラマモードでフラッシュを使用するかどうかの選択、露出のマニュアル調整、360度までのパノラマ角度などもできる。

Cycloramicのアップデートは、今日(米国時間1/24)App Storeで公開された。価格は99セント。iPhone 4/4S/5、および第4世代とiPad 2で利用可能。
【日本語版注:iPhone 5以外では、自動回転機能が動作しない】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)