Apple、既存の第4世代iPadに128GBストレージモデルを投入か?

次の記事

オメガ、加速器内の磁気にも耐えられる機械式耐磁腕時計をリリース

hero_slide1新たなApple製品の噂は、ここしばらく途絶えていた。しかしなかなか信頼性の高い9to5macから、新しいiPadモデルの話が聞こえてきた。新しい機種というのではなく、レティナ搭載の第四世代iPadの新ラインアップ(SKU)であるようだ。9to5Macによるとブラックモデルとホワイトモデルがあり、Wi-FiモデルおよびCellularモデルがあるそうだ。従来モデルのリプレイスではなく、追加ラインアップとして用意されるものだとのこと。

従来のモデルとの差別化がどうなっているのかについて、情報源は明らかにしていないとのこと。しかし128GBモデルであるらしいとの情報が出回っているようだ。これは、開発者に渡っているiOS 6.1のベータ版およびiTunes 11に該当デバイスが存在することによる。尚、本機種が教育機関ないし政府関係のみに提供されるものであるという可能性もあるようだ。教育機関向けにまとめ売り価格の設定もあるそうなのだ。

ちなみに、大容量かモデルについてはAppleにとっても確かにメリットのあるものであると噂されてきた。すなわち128GBモデルの投入により、iPad mini以外のiPadにも人びとの注目を集めることができる。それぞれのモデルに対する需要を掘り起こしていくために、大容量モデルを準備するというのは確かに意味のあることだと言える。また、iPadの新機種は昨年10月に登場したものだ。すなわち過去のiPadリリース間隔を見れば、新モデルが早々に登場するということはなさそうなことだ。そのような時期に128GBモデルを投入すれば、秋に予定されているという話の新モデルまでの間、消費者の注意を惹きつけておくことができるかもしれない。また、128GBモデルの投入は、価格面でも意味のあることだ。新たなモデルを最上位機種と位置づけて、現行のモデルよりも高値で販売することができるようになるわけだ。

9to5MacはAppleの小売チェーンと密な繋がりを保っている。そうしたところから判断するに、今回の噂は現実性の高いものと考えることができる。しかし大容量モデルを追加するということに、どれほどの意味があるかということはまだよくわからない。新モデルのリリースによって、売れ行きが活性化するのかどうか、注目してみたいところだ。

Update:価格についても新情報が9to5Macで流れている。Wi-Fiオンリーモデルが799ドル、Wi-Fi + Cellularモデルが929ドルだとのこと。従来モデルと整合性のある価格設定であると言えよう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)