Google Mapsがコミュニティの協力で北朝鮮の地図を詳細化

次の記事

米のシリコンバレーの後を継ぐのは欧のグラフェンバレーだ–EUが10億ユーロの研究助成金を提供

2458338721_8b4835b9fd_z

Google Mapsは、強力なプロダクトであるのみならず、強力なプラットホームでもある。つまり、世界中の人たちがMap Makerツールを使って、Googleの地図をより詳細に、正確に、そしてより今日的にすることに貢献できる。北朝鮮の地図に関してもまさにそれが起きた、とGoogleは今日(米国時間1/28)発表した

Googleの、Map Maker担当のシニアプロダクトマネージャJayanth Mysoreが、北朝鮮地図の詳細化について、こう述べている:

この地図を作るために、市民地図作者たちのコミュニティがGoogle Map Makerに集い、道路名や重要箇所を加えるなどの貢献を行った。この取り組みはMap Makerにおいてすでに数年を経過し、そして本日ついに、北朝鮮の新しい地図をGoogle Mapsで提供できることになった。これにより、北朝鮮の地図は従来よりもずっと豊富な情報と細部を見られる。

しかしこの地図は、まだ完全ではない。地図のおもしろいところは、世界が絶えず変化している場所であるところにある。私たちは世界中の人たちが、Google Map Makerを使って地図の改良を継続されることを、大歓迎いたします。今後も北朝鮮の地図に関しては正しい更新を続け、その結果をGoogle Mapsに反映して参ります。

以下が、北朝鮮の地図の昔と今だ。Map Makerのコミュニティのおかげで、相当詳しくなっている:

Screenshot_1_28_13_4_16_PM

Map Makerのコミュニティの活動について、本誌は最近報じた。彼らはごほうびとして、Googleからお金ではなくバッジをもらえる。作業のベースはGoogle Mapsだけではないが、それが重要な部分であることは言うまでもない。

us_streetview_annotated1

たしかにGoogle Mapsは独自の方式で世界最良の地図サービスになっているが、最近ではAppleも、そのGoogle的な方法を採用して追いつくつもりでいる。今Google Mapsの編集に参加しているのは、世界中の200あまりの国/地域の人びとだ。

かなり残念なのは、この方法のほうが、Googleのストリートビューの撮影車が北朝鮮国内を走り回るよりも、現時点では安全なことだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))