Raspberry Piにビデオカメラカードが登場

次の記事

イベント管理サービスのPeaTiXがチケット販売手数料を大幅値下げ

2013-02-06-0176_zps535da89a

Raspberry-piのファウンダEben Uptonの奥さんでブロガーでもあるLiz Uptonが、同社のWebサイト上で、Raspberry Pi用のビデオカメラ素子を紹介している。一枚レンズのユニットで、重さは“ほぼゼロ”、年内に25ドルで発売される。

このカメラはPiに直接接続でき、Piをビデオ方面のアプリケーションにも利用できるようになる。カメラ本体はOV5647で、固定焦点、センサーの解像度は5メガピクセルだ。HDビデオも撮れる。写真でお分かりのように、ユニットには、Piに接続するためのリボンも付いている。

仕様の詳細等はここにある。小さなプリント基板に小さなカメラが乗ってるだけの品物だが、今Raspberry Piは大人気だから、発売後数秒で売り切れると予想される。Raspberry Pis今や、電子工作界のBeanie Babiesだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))