Microsoft SkyDrive上の文書はOffice Web Appsのアカウントのない人でも見たり編集できる

次の記事

Fab、会員数1100万人を突破。1月の売上げは昨年同月日で300%アップ

SkyDrive

Microsoft Office Web AppsのSkyDriveの新たな機能により、これからは文書の共有や編集を、Microsoftのアカウントのない者でもできるようになる。

ユーザが自分のアカウントからエディットリンクを共有すると、それをもらった人も文書を編集できるようになる。

Getting-sharing-link-in-SkyDrive_thumb_17C70966

もちろんユーザは、その文書を見たり編集したりできる人を、アカウントがあってログインしている人に限定することはできる。でも、誰もが気軽に見たり編集できる機能は、Officeのサービスの敷居を大きく下げる。

File-edited-on-SkyDrive_thumb_0DB2683B

Google Docsにも、この機能を望みたい*。今のように正規のアカウントとログインを必要とする方式は、文書のもっと広い共有のための障害になりかねない。〔*: publicを指定した文書では、できるはず。〕

最後に雑談を。Microsoftは、SkyDrive上で10億の文書(〜ドキュメント)が共有されている、と誇示している。でも、文書が共有されるとコピーが一つ作られるのだから、本当の部数にはならない。今Microsoftに、実際の部数を問い合わせているところだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))