hacking
Evernote
data breaches

Evernoteが全ユーザにパスワード変更を要請: 大規模ハッキング行為で個人情報が漏出

次の記事

プロ用お絵描きタブレットのWacomが“コンピュータの周辺機器ではない”自立型製品を予告

evernote

人気のパーソナルノートサービスEvernoteが、その5000万近いユーザに、パスワードの変更を要請している。同社は一両日前に、最近大きく報道されている大規模なハッキング行為の、最新の犠牲者になった。これまでの数週間で、TwitterFacebookなどなども、同種の被害に遭っている。

EvernoteのファウンダでCEOのPhil Libinによると、サイトは全体的に順調に稼働しているが、現状ではユーザに対し、パスワードの変更を求めるフォームが表示される。“この異常事態のため、サーバが混雑し、アクセスが不調になることもある。しかし問題はそれだけであり、知りうるかぎり、ユーザデータへの脅威は存在しない”。

同社のブログ記事によると、“犯人たちはEvernoteのユーザ情報へのアクセスを取得した。それらの情報は、Evernoteのアカウントに結びついているユーザ名とメールアドレスと暗号化されたパスワードであり”、支払決済関連の情報はアクセスされていない。

Libinによると、“ユーザの支払決済情報はサーバ上に保存していないから、被害に遭うことはない”。この前Zendeskを襲い、そのほかのサイトにも被害が及んだ犯行との関連については、現状では何も分かっていない。“Zendeskの件については詳細を知らないので、コメントを申し上げる段階ではない”。

同社広報によると、異状に最初に気づいたのは、(米国時間3/2から)二日前の米国時間2月28日だ:

2月28日に、Evernoteの運用とセキュリティを担当する部門が、異常でしかも悪意あると思われる活動がEvernoteのサービスの上で行われていることに気づき、調査を開始した。その結果判明したのは、一人または複数の個人が、ユーザのユーザ名とメールアドレスと暗号化されたパスワードへのアクセスを取得したことだ。現在行っている分析によれば、ユーザアカウントのそのほかの内容や、Evernote PremiumおよびEvernote Businessの顧客の決済情報への、不法アクセスは生じていない、と判明した。

同社はブログ記事以外に、ユーザへのメールとソーシャルメディアへの投稿で通知を行っている。

“質問や心配事のある方はEvernoteのサポートまで直接申し出ていただきたい”、とその広報担当は言った。

パスワードの変更は、Evernote Food、Evernote Business、Evernote Helloなどなど、そのユーザが使う可能性のあるすべてのEvernoteアプリケーションで行う必要がある。

データ侵犯のニュースが、このところ毎週のようにある。ネガティブなニュースの頻発が、これらのサイトに対するユーザの信頼をどれぐらい損なっているか、そこが問題だ。ユーザは、慣れて不感症になっているのか、それとも、もっと安全そうなサイトへ引っ越そうと考えているのか。大規模ハッキング行為の日常的な横行は、ネットワーク社会をめぐるさまざまな楽観論や理想論に、水を差すことにもなりかねない。

evernote password change

この記事は、引き続きアップデートしていきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))