新種のプレゼンツールPreziにオーディオ機能が加わる, ユーザ数2000万を突破

次の記事

Amazon、Kindle Fire HD 8.9インチを299ドルから269ドルに値下げ―ヨーロッパと日本でも発売へ

prezi-logo-new

Microsoft PowerPointなどとはまったく違う、新趣向のプレゼンテーションツールPreziに、このほどオーディオ機能が加わった。そしてユーザ数は2000万を超え、昨年の倍になった。

オーディオ機能が新たに加わったことによりユーザは、プレゼンを作るとき、いろんなところに音声を加えることができる。

Preziは一種のFlashプレーヤーで、スライド的なプレゼンを作るSlideRocketなどと違い、空間的な構造を重視する。だからプレゼンテーションにかぎらず、マインドマップのようなアイデアの構造的表現にも向いている

まだ、マイクを使ってナレーションしながらプレゼンしていく機能はない。PreziはFlashがベースだから、それなりの制約はある。Preziの協同ファウンダでCEOのPeter Arvaiは、あるインタビューで、HTMLには顧客が望むようなクォリティがない、と言っている。

しかしHTML5は機能が豊富で、オーディオもビデオも扱える。HTML5を補完する機能の一つであるWebRTCを使えば、Webブラウザが音声やビデオによるリアルタイムのコミュニケーションをサポートできる。ただしWebRTCはまだ新しい技術なので、プレゼンツールなどが採用するまでには時間がかかりそうだ。

PreziのWebバージョンは無料だ。有料のProアカウントは、年会費が159ドル。デスクトップバージョンもあり、またプライベートなグループを作ったり、ストレージを拡大するなどの機能が有用アカウントにはある。

〔参考: 本誌上のPreziの過去記事。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))