Surveys
funny
Porn

ポルノ検索エンジンが各国各州の検索語のトップを発表(誰も驚かない)

次の記事

Google Reader終了 ― 結局のところ「RSS」は一般の人が必要とする情報収集手段ではなかった

Screen Shot 2013-03-13 at 12.26.02 PM

あまりにひどいプライバシー侵害か、それとも、今年最高のセックス研究か、ポルノ検索エンジンPornMDが、ポルノ検索を国別と合衆国の州別に分類した(今職場にいる人はその検索を試すべきでないが)。そのシステムは全世界の心迷える人びとの行為を一望し、ミネソタ州では検索語として”college”がいちばん多く、アイダホ州は”milf”(年増女、熟女)が多いと示唆している。

カリフォルニア州は、当然ながら、”asian”と”massage”(マッサージ)だ。そして教育指向のニューヨーク州は、”college”がお好きだ。

しかし、もっと保守的な国には、ポルノ検索エンジンが集めたとは思われないどぎつさがある。たとえばイランのユーザは、たぶんその国で違法と思われるゲイのポルノが多く求められ、中東とアフリカは”military”(軍隊の)と”hijab”(イスラム教徒女性の顔隠し布)が多い。奇妙なことにヨーロッパ人は、自分の国の名前が検索語のトップだ(ただしフィンランドだけは”czech”(チェコ)がお好きなようだ)。

インターネットのポルノサイトが集めたデータが世界の性的慣習を正確に反映しているわけではないにせよ、でもぼくが重要だと思うのは、性の自由が奪われているところでも、その炎が燃えさかっていることが、分かるという点だ。ポルノや性的表現の過剰を批判するのはよろしいけど、でも、数字が嘘をつかないことは、認めざるをえない。お尻が嘘をつかないように。

〔余計な訳注: なんと、中国のトップは”japanese”だ!〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))