AWSが多売で薄利をまたスケールアップ, DBのストレージとIOPSの上限を3倍に

次の記事

(パソコン+ゲーム専用機)÷2=Xi3社のPiston, 予約受付を開始

amazon

Amazon Web Services(AWS)は、Relational Database Service(RDS)のデータベースインスタンスに対して配備できるストレージの最大量を、これまでの3倍にする

AWSのブログには、ストレージのI/OスピードIOPSも3倍にする、と書かれている:

今後作成するDBインスタンス(MySQLまたはOracle)は、ストレージの最大量が3TB(これまでは1TBまで)で、最大30000IOPS(これまでは10000)となる。SQL Serverを使うDBインスタンスは、最大ストレージが1TB 7000IOPSとなる。m2.4xlargeの上のリード/ライト各50%のワークロードに対しては、Oracleで最大25000IOPS、MySQLで12500IOPSとなる。しかしながら30000IOPSの配備では、レイテンシの低下とスループットの向上が可能となる。実際のIOPSは、データベースのワークロード、インスタンスタイプ、使用するデータベースエンジンの違いに応じ、何を配備したかによって異なる。詳細については、Amazon RDS User GuideのFactors That Affect Realized IOPSを見ていただきたい。

AWSのユーザはデータベースの既存のインスタンスに関し、ストレージとIOPSの変更が可能である。それはユーザが、高速で予測可能なパフォーマンスを得られるためだ。

また、ストレージとIOPSのどちらかを単独でスケールすることも可能だ。

RDSは、MySQLやOracle、そしてSQL Serverを使ってデータベースをセットアップ、管理、そしてスケールする際の、“面倒な低レベル作業”をすべて肩代わりする。

上記3つの機能は、今すでに利用できる。IOPSの配備(プロヴィジョニング)が可能なリージョンならどこでもOKだ。

ストレージとIOPSのリミット3倍化は、顧客が保存し処理するデータの質・量に応じた最適インフラを提供していくという、AWSの近年のポリシーの一環だ。この”コスト重視“のコンセプトは、AWSが掲げるアーキテクチャでもある。そのことは、今回の最新アップデートにおいても明らかだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))