Twitter / ツイッター(企業)

Twitter、新たに「App Cards」を導入。今後の展開とその狙いは?!

次の記事

GoogleがWebKitをフォークして新レンダリングエンジンBlinkをローンチ, 速さと単純性を追求

blog-image_1昨日アナウンスがあったが、Twitterがモバイル版アプリケーションのアップデートをリリースした。話題を集めているのはTwitter App Cardsと呼ばれる機能だ。AppleのiTunes App Storeでのバージョン5.5についての説明によれば、「お気に入りのアプリケーションを直接発見、インストール、起動できるようになりました」とのこと(Android版もリリースされている)。

(ところでiTunes英語版のページでは「Twitter for iPhone now helps you discover, install and launch your favorite apps from Tweets」と、Tweetsが大文字になっている。何か大人の事情があるのかもしれないがよくわからない)。

Twitterカードを使うと、ツイート(でもぼくは小文字でtweetとする方が好きだ)の中に写真や動画、記事のスニペットなどを埋め込むことができていた。そして今回のアップデートによって、このTwitterカードの機能が拡張されたのだ。詳細については昨日の記事(英文)に記載しておいた。

拡張部分について簡単に触れておこう。誰かがアプリケーション経由のツイート(Foursquare等)を行ったとしよう。すると投稿の末尾にアプリケーションへのリンクが張られ、リンクを辿ってアプリケーションストアからダウンロード/インストールできるようになったのだ。さっそくDelectable、Etsy、Flickr、Foursquare、Gumroad、Jawbone、Path、RovioのAngry Birds、SoundCloud、Storenvy、Wine Library、それにTwitterのVineなどがこの機能に対応している。

今回のアップデートはすなわち、Twitterがアプリケーション・エコシステム(とくにMコマース)の中で重要な役割を担うことを意図するものだと言えるだろう。この点についてはこちらの記事(英文)の方に詳細がある。

今回のアップデートでは他の面での改善もある。

  • 起動時間の短縮および全体的なパフォーマンス向上
  • ツイート詳細表示画面で「…さんがリツイート」がリンクになった
  • reply-to-self問題のフィックス
  • リツイートのアンドゥができない場合がある問題をフィックス

オリジナル記事執筆時にはAndroid版がリリースされていなかった。Android版には独自のアップデートも行われている。ブログ記事から引いておこう。

Android版Twitterの新バージョンをリリースしました。Androidネイティブなデザインを実現しています。タイムライン表示部分は縦横ともに広がって画面を広く使うようになりました。ナビゲーションバーはフラット表示となり、またツイートを長押しすることでメニューが表示されるようにもなっています。さらにタブ間の移動にもスワイプ動作が利用できるようになりました。さらにハッシュタグ入力時や検索時に候補(サジェッション)が表示されるようにもなりました。これまで以上に多くの人と会話を楽しめるようになったのではないかと思います。

尚、AndroidだけではなくiPhoneおよびmobile.twitter.comもアップデートしています。これらすべてのモバイル版およびTwitter.comにても、フォトギャラリーやアプリケーション、製品リストなど、さまざまなものが拡張表示できるようになっています。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)