instant preview
Search

Google、 インスタント・プレビューの廃止をテスト中。共有、キャッシュ、類似ページはドロップダウンメニューへ

次の記事

Amazonが秋に独自のTVセットトップボックスをリリースか

去る2010年、Googleはインスタント・プレビュースタートし、ユーザーは実際にリンクをクリックしなくても、ウェブページのグラフィカルなプレヒューをすぐ見られるようになった。このほど、Googleオペレーティングシステム・ブロブのAlex Chituが初めて見つけたところによると、Googleはこの機能を取り除き新しいドロップダウンメニューで置き換えることを考えているらしい。

おそらくインスタント・プレビューは大ヒットではなかったのだろう。人気機能であればGoogleがやめようと考えるはずがない。ただし、プレビュー以外の便利な機能も隠れることになった。以前はインスタント・プレビューを開くことによって、類似ページを見つけたりGoogle+の共有機能を利用することができた。また、ページのGoogleによるキャッシュを見つける唯一の方法でもあった。

これらの機能は新バージョンにもて存在するが、リンクのすぐ横にあるドロップダウンメニュー経由で利用するようになる。

果たしてこれが単なるテストなのか、Googleがこの機能を完全に廃止してドロップダウンメニューで置き換えるつもりなのかは不明だ。本誌はこの変更についてGoogleに問い合わせているので、情報が入り次第アップデートする。

TechCrunchの検索結果はこんな感じだ(なぜか「類似ページ」は結果の一部に対してのみ表示される)。

【訳注:訳者の日本語環境でも新メニューになっている。なお、廃止されるかもしれないのは「インスタント・プレビュー」であり、リアルタイムに検索結果が表示される「Googleインスタント」ではない。】

techcrunch - Google Search

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)