Wii UでUSBメディア上のゲームをプレイできる, というハックが登場

次の記事

Ron Conwayが語るNapsterと共有経済の問題–まだ解決の糸口は見えない

mu6fj

WiiをハックするためのデバイスWiikeyを作ってる連中が、Wii UでUSBメディア上のコンテンツをプレイする方法を見つけた。どのリージョンのWii Uでも使えるし、半田付けなどは不要だ。

ビデオプレーヤーなど“自家製の”コンテンツへの言及はないから、これはおそらく海賊行為専用のようだ。そのWiikeÜと呼ばれるデバイスは、USBでWii Uに接続する。現在のWiiKeyデバイスでも、初期のWiiをこれと同様にハックできる。

Wiiをハックする冒険は、かなり前から始まっている。この手作り集団も、メディアをUSBで動かす方法を探究しており、またWii UにHomebrew Channelを加えるとNintendoのライセンスのないアプリケーションをダウンロードできる。ただしゲームをCDRやDVDRなどにコピーすることは、Wii Uではブルーレイドライブそのものにコピー保護があるのでできない。つまり、ソフトウェアレベルのハックは難しい。

海賊行為はNintendoにとっては迷惑だが、手作り的なハックができることはこの製品の魅力を増す。悲しいのは、そんな行為に“海賊”がつきものなことだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))