地球は温暖化してる/してないの論争に最終結論: 200年のデータを分析したiPhoneアプリJust Science

次の記事

間もなく開幕のGoogle I/O。会場では数百台のArduinoを使って騒音レベルや空気汚染度などの環境データを測定予定

地球が温暖化している/いないという長年の議論を、ついに終わらせるアプリが登場した。そのJust Scienceアプリは、過去2世紀(19, 20世紀)の得られるデータをすべて集めて、地表の温度を判定した。このアプリを作ったNovimは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究グループで、Just Scienceは、財団American Clean Skies Foundationから、世界に関する科学知識を改良するための研究資金として4万ドルを獲得した。Novimの事務局長Michael Ditmoreによると、Just Scienceは無料のアプリだが、それは彼の研究チームが18か月もかけて、西暦1800年以降の地球の温度変化を詳細に調べた努力の結晶だ。

では、地球温暖化をめぐる真実は何だろう? Ditmoreは答えて曰く、地球は確かに温暖化しており、最近の50年間では約0.6度、温度が上昇している。“ものすごく、ではないが、でも大きい”、と彼はアプリが見つけた結果について言う。アプリそのものは、すごいし、すばらしいとぼくは感じた。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))