io2013
cards
Earth

新しいビューティフルなGoogle Mapsをビデオで体験しよう

次の記事

Google、メールをもっとインタラクティブに。Gmailにカスタマイズ可能なアクションボタンが登場

Googleが今日(米国時間5/15)のI/O 2013デベロッパカンファレンスで、同社の地図サービスGoogle Mapsの新しいバージョンを披露した。それは、ほとんどすべてのプラットホームで長年愛用されてきたこの地図サービスの、目を見張るようなデザイン一新だ。まだベータである新しいMapsは、少数の選ばれたユーザしかアクセスできないが、上のビデオでその実際を目にすることができる。

新しいGoogle Mapsは、Googleが今日のキーノートで“数十億の人びとのための数十億のアプリケーションを作るため”と表現した、Knowledge Graphの開発努力から多くのものを取り入れている。つまり、ユーザ体験における個人化の密度と精度が高くなり、そのユーザにとって重要と思われるランドマークを見せてくれたり、ユーザの住所などそのユーザにとって重要な場所へワンクリックで移動できたりする。また友だちや知人がよく訪れる場所も、地図上で強調される。

Chromebook Pixelの上で体験する新Google Mapsは、速くて反応性もよく、きわめて直感的だ。とりわけタッチコントロールはすべて、まるでPixelのタッチスクリーンのために特製されたみたいで、方角を呼び出すなどすべての操作が、最小限のステップ数でできるようになっている。パノラマ写真や360°全周画像も見事で、ユーザはまるで、自分がその場所を外から見るユーザであると同時に、その中にもいるような感触をおぼえる。ただし、パノラマや全周がサポートされているのは、まだごく一部の地域だけだ。

全体的な印象としては、これはMaps体験のすばらしい成熟のようであり、「これだけはまずい」と感じる部分はない。これまでのMapsとは相当違うから、慣れるまで時間がかかる人が、多いかもしれないが。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))