Adobeの巨大な影の外で, RAW画像処理の完全SaaS化(複数解の提供)を目指すウクライナのPics.io

次の記事

目に見えない電気をAR(拡張現実)で見えるようにするLightUpの電子工作教材

Picsio_logo_graphical

ウクライナのPics.ioは、インターネット上〜Webブラウザ上のコラボレーションでRAW画像の処理や編集をやろうという、これまでになかったタイプの写真工程サービスだ。チームはデジタル写真に関する経験が豊富で、今は、基本機能しかないプロトタイプを本格的なプロダクトにするための資金を求めている

ファウンダは、Konstantin Shtondenko(マーケティングとPR)、Vlad Tsepelev(技術)、John Shpika(総括)の三名だが、目標は大きく、Adobeに代わって自分たちがRAW処理における業界標準になることだ。彼らはこれまで、医療用画像技術や商業写真の分野を経験しているため、その能力は十分にある。今はわずか3000ドルという自己資金で概念実証のためのプロトタイプを作り上げた段階だ。

“写真家のワークフローは今、ネット上のそれに置き換わりつつある。それをサポートするために、いくつかの新しいコンセプトを実現していきたい”、それがShtondenkoの語る起業動機だ。“たとえば、ゼロフットプリント(zero footprint)*というコンセプトや、GPUを使う高速画像処理だ。それらの概念実証はすでに作ったので、いずれも明らかに実現可能なコンセプトだ。ほとんどすべてのアイデアが実現可能と分かったことには、自分でも驚いている”。〔*: zero footprint, 占有床面積がゼロ==ユーザのメモリをまったく占拠しない==100%完全にSaaSとして提供されるアプリケーション。ちなみにWikipediaはこの語の項を、マーケティング的臭い(正統な技術用語ではない)として削除している。〕

Pics.ioのプロトタイプに対するプロの写真家たち…主にAdobe LightroomのプラグインTopTechPhotoのユーザ…の反応はすばらしい、とShtondenkoは言う。“今はプロダクションバージョンの開発に取り組んでいるが、それにはわれわれ独自の深い研究から得られた細かいアイデアが大量に実装される”。ベータ公開は一か月後、そして一般公開は年内を予定している。

Pics.ioにとっての障壁は、Adobeも最近SaaS主体になり始めたことだ。たとえばLightroomのクラウドバージョンはブラウザベースのコラボレーションが本格的にできる。Pico.ioの進路に大きく立ちふさがりそうだが、しかしShtondenkoはあまり気にしていない。

“Adobeはでかいが、写真家の仕事には、それだけが唯一絶対の解、というものはない。AdobeにもブラウザベースのRAWコンバータがあるが、うちの方が良いという写真家は必ずいるはずだ。うちが目指しているのは高度で総合的なワークフローサービスであり、単なるRAWコンバータやDAM(digital assets management)ではない”。…今後はPics.io以外のプロダクトもリリースしていく、と彼は言う。

Aviaryのようなサービスがさらに進化すれば、当然Pics.io的になるだろうが、ただしターゲットはプロ、そしてきわめて高度なアマチュアの写真家に絞られてくる。今は、写真関連のスタートアップが次々と雨後の筍している。それらの中で, Pics.ioは、広告代理店や写真スタジオ、メディア企業など、お金になりそうなセクタをねらっていくのだろう。生まれたばかりのスタートアップだが、彼らのこれまでの実績を見るかぎり、ブラウザ内RAW処理の未来は、きっと吉と出るだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))