ぐにゃぐにゃ3Dプリントができる弾性素材Elasto PlasticをShapewaysが開発

次の記事

Adobeの巨大な影の外で, RAW画像処理の完全SaaS化(複数解の提供)を目指すウクライナのPics.io

Elasto_3d_print_Shapeways

“Elasto Plastic”(弾性プラスチック)という名前は、80年代のパンクバンドみたいだけど、実はそれは、3DプリントのShapewaysが作った新しい素材だ。そのプラスチックはある程度の伸縮性があり、伸ばしても縮めても元の形を保つ。引っ張りすぎると破れるが、現状はまだ開発途上の製品だ。

素材の色はオフホワイトで、表面はざらざらしている。レーザーで加工されるが、層状の構造になるためぎざぎざが生じる。Shapewaysは、“まだ加工用素材として完成していない”と言っているが、個人や実験目的では十分に使えそうだ。

Shapewaysは最近、本誌のMakerシリーズで取りあげたが、同社はこの素材による3Dプリントを、合衆国工場にあるナイロン用の機械で行った。注文すると、プリント結果の納期は約8日だが、各種3Dプリント製品用のヒンジ素材としておもしろそうだ。すでに十分な弾性構造はあるようだから、この素材の今後の進化が楽しみだ。

出典: 3DPrintingIndustry

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))