ビッグデータが入ったHDDをGoogleに送ると80ドルでクラウドにアップしてくれる

次の記事

カナダのスタートアップがAndroid向け高速ソフトウェア・キーボード、Minuumを発表

cloud_blog_header_v05

Googleのクラウド・ストレージに新しいサービスが加えられた。デベロッパーはハードディスクをGoogleに送って、インターネット経由では非常に時間がかかるような大量のデータをクラウドにアップロードしてもらうことができるようになった。料金はHDD1台あたり 80ドルの定額だ。

Googleによれば、この方法はインターネット接続より大幅に速くまた安価だという。現在限定ベータテスト中なので対象はアメリカ国内に住所を持つユーザーに限られる。

AmazonのAWSやGoogleのクラウド・プラットフォームは巨大なデータセットを保管、解析するのに好適なサービスだ。しかしGoogleのエンジニアのLamia Youseffが指摘するとおり、巨大データ(往々にして100TB以上になる)の転送がボトルネックになっていた。公衆インターネット回線を利用した場合、時間も料金もかかる。たとえば5TBのデータを100Mbpsの回線でアップロードしようとすると1日か2日かかってしまうし、多くのデベロッパーはそもそもそんな高速回線を持っていない。

実はAmazonに非常によく似たサービス〔日本から利用可能〕があり、料金もHDD1台あたり80ドルと同額だ。しかしなんでも従量制にするAmazonらしく、転送作業時間に応じた料金がかかる。5TBのデータをeSATAのHDDからS3にアップロードする場合、Amazonの計算よれば、別途45ドルが課金される。この点Googleの定額制の方がはるかにお得だ。ただしAmazonはクラウド上のデータをHDDにエクスポートするサービスも実施しているが、今のところGoogleにはない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+