Google Takeout
Google Reader

Google Readerはあと半日で終了―データは簡単にエクスポートできる

次の記事

Facebookにトレンドリストが必要な理由

google-reader-dead-1

4ヶ月前に予告されたとおり、Google Readerは、今日(米国時間7/1)水平線の彼方に静かに消えようとしている。 ユーザーにとっては悲しい日だがやむを得ない。ありがたいことにGoogle Readerの代替サービスはたくさんある。

先月からGoogle Readerにはデータをバックアップするよう注意が出ていた。Googleは本当に全OMPLファイルを削除するつもりだ。今更文句を言っていても始まらない。5分あればデータのエクスポートができる。

エクスポートの方法はいくつかあるが、Google Takeoutを利用するのが圧倒的に簡単だ。このサービスはGoogle Readerばかりでなく、Buzz、ハングアウト、連絡先、、ドライブ、Goggles、YouTubeのユーザーデータもエクスポートできる。

Readerだけを選択した場合、ファイルのサイズは1MB以下、ダウンロード時間は1分くらいだろう。ダウンロードしたOMPLファイルはほとんどRSSリーダーで利用できる。

Google Takeoutでエクスポートできる全データを要求した場合、時間はずっと長くかかるが、ダウンロード可能になったらGoogleからメールが来る。

しかしGoogle TakeoutはMihai Parparitaが詳しく説明するとおり、タグやコメントなど一部のユーザー・データはエクスポートしてくれない。すべてのデータを保存したい場合、Parparitaが開発したReaderのAPIを利用するツールを使うとよい。一部コマンドラインからの入力が必要になるが、詳しい手順が説明されているからそれほど難しい作業ではない。

〔日本版:Google Readerは日本時間で今日の午後5時以降、作動を停止する。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+