Yahoo、メール管理ツールのXobniを買収

次の記事

Twitterの自動翻訳機能がエジプトのモルシ大統領の最後の悪あがきを英語で伝える

先ほどYahooは、Xobniを買収したことを発表した。受信箱と連絡先の悲惨な状況を、ユーザーの最もつきあいの多い相手に焦点を絞ることによって、軽減しようとしているスタートアップだ。

(誰もが疑問に思っていることに答えると、”Xobni” の発音は「ゾブニー」で、”inbox”を逆に綴ったものだ)

遡って2007年(のTechCrunch 40で!)、XobniはMicrosoft Outlookの全メールを連絡先ごとに並べ替え、それぞれのLinkedin、Twitter他のソーシャルネットワークのデータを自動的に取り込むプラグインとしてスタートを切った。過去数年間、彼らは同様の機能をGmail、iCloud、および(いみじくも)Yahoo! Mail向けにも公開した。昨年末頃にはSmartr Contactsという、認識された「重要度」によって連絡先を並び替えるアプリをiOSおよびAndroid向けに公開した。

買収金額は明らかにされていないが、3000万ドルと4000万ドルの間と噂されている。現在本誌情報源が確認中。アップデート:本誌筋によると、様々な要因を考慮した結果、最終価格は6000万ドル近い Crunchbaseによると、同社はこれまでに約4200万ドルを調達済みだ。

さて、Yahooさん、真面目な話私の「ははは、Yahooがまた何か買った」ジョークのネタは尽きた。

Xobniの既存製品の将来に関して、現在使用中のXobni製品は永久に使い続けることができると同社は言っている。新規ユーザーを受け付けるかどうかに関しての説明はなかったが、Smartr Contacstsは発表後もiOS App Storeでダウンロード可能のようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)