Forrester
Analysis
research

2013年の世界の企業・公共機関のIT支出は2兆690億ドル―アプリとアメリカが変化の牽引役(Forrester予測)

次の記事

作曲経験のない人でも、音楽を「描く」ことのできるSoundBrushがiPad用に登場

forrester IT spend 2013

Forrester Researchはさきほど世界のIT関連支出に関する年次報告を発表した。Forresterのアナリストの予測によれば、世界の2013年のハードウェア、ソフトウェア、IT関連サービスに対する企業、公共機関(一般消費者は含まず)の支出総額は2兆690億ドルに上るという。

国別ではアメリカが2位以下を大きく引き離してトップだ。支出のカテゴリー別にみると、トレンドを反映して、アプリがトップとなるという。

数週間前に発表されたGartnerの予測と比較するとForresterのレポートはやや慎重だ。Gartnerのレポートも一般消費者の支出は含まず、 総額を3兆7000億ドルと推計している。

Gartnerのレポートでも注意されていたが、Forresterも為替の変動、特にアメリカ・ドルが強くなったことが統計に大きな影響を与えていると述べている。各国通貨ベースの成長率は4.6%となるが、ドル・ベースで計算すると2.3%に低下する。アナリストのAndrew Bartelsはアメリカと日本で景気が上向いているものの、ヨーロッパで景気後退が続いていること、中国の成長が鈍化したことが全体の成長率を低下させると書いている。

レポートは長大であり、われわれ自身、現在詳しく読み込んでいる最中だが、とりあえず大見出しを報告しておこう。

ソフトウェアが世界を食っている: Forresterによれば、全体としてみると、5420億ドルでソフトウェアが最大の支出分野だ。Bartelsによれば、ソフトウェアでもっとも大きな技術革新が起こっていることの反映だという。オンプレミスで利用される伝統的プロダクトへの支出が減少している一方、しばらく前から目についているトレンドだがSaaSなどのクラウド・ベースのサービス、ビッグデータ分析、モバイル・アプリが急成長している。 ソフトウェアへの支出の成長は2013年に3.3%、2014年には6.2%に達するものと予測されている。

forrester IT spend 2013

ハードウェアではタブレットとAppleが引き続き牽引役: 上の円グラフを見れば明らかなように、コンピュータのハードウェアでは依然としてパソコンが最大のカテゴリーだ。2013年の総額は1342億ドルと予測されている。しかしPC市場は縮小傾向にある。Bartelsによれば伝統的なパソコンはWindows8のリリースがあったにもかかわらず3%の伸びにとどまった。成長が著しいのはタブレット、なかでもiPadだ。Forresterの予測では、企業と公的機関のタブレットへの支出は2013年に36%アップして2100億ドルになるという。なかでもAppleのシェアが高く、そのうちの1400億ドルを占める。SamsungのGalaxy、MicrosoftのSurfaceも順調に成績を伸ばしているがAppleのiPadの優位を大きく揺るがすところまでいっていない。

伝統的パソコンではWindowsマシンよりAppleとLinuxの成長が著しいが、全体としてみると低調な数字となっている。2014年の支出総額は1350億ドルという予測で、これは2013年に比べてわずか10億ドルの増加にすぎない。Windowsマシンは70億ドルの減少、AppleのMacとタブレットが60億ドルの増加と予測されている。ストレージ機器は横ばい、サーバーは1%の減少、その他周辺機器は3%の減少が予測されている。今年初めにForresterは向こう2年間で390億ドルのハードウェアを販売するだろうと予測している。

アメリカのシェアが圧倒的: ドルが強くなったことと、実際に世界最大のIT財購入国であることの両面からアメリカの優位は説明できる。Forresterによれば、2014年のアメリカにおけるIT支出は8750億ドルとヨーロッパとアジアの支出の合計を上回るレベルに成長するという。

アメリカはマーケットが巨大であるうえに、成長率も5.9%と東欧、中東、アフリカの 6.9%なみに高い。2014年にもっとも成長率が高くなるのはラテン・アメリカで10.7%に達する。ヨーロッパは2012年のIT不況から何とか脱して今年は4870億ドルに回復する。逆にアジアは景気後退の波を受けて4920億ドルにとどまると予想されている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+