Hipmunk(企業・サービス)

ホテルおよび旅行情報検索のHipmunk、「当日宿泊ホテル検索」機能を追加

次の記事

Yコンビネーターのタガルとタン、Redditの共同ファウンダーと共に3900万ドルのファンドを立ち上げ

hipmunk logoHipmunkが、新しいサービスを開始した。旅行中に、当日のホテルを探す人のためのサービスだ。名前はTonight Only(当日宿泊専用)で、より効率的に、お得な部屋を見つけることができるようになった。

このTonight Onlyエリアでは通常価格の60%引きの部屋なども紹介されている。こうした情報は、通常の(72時間以内宿泊用というディスカウント情報もある)検索画面にも表示される。ただ、急ぎでお得情報を探すのなら、やはりTonight Onlyセクションを探す方が効率的だ。

共同ファウンダー兼CEOのAdam Goldsteinによると、Hipmunkでホテルを探す人には大きく2種類の人がいることがわかったのだとのこと。今回のサービスリリースも、その情報にもとづいてのものだ。その2種類とは、検索日と実際に宿泊する日までの時間についてのこと。しっかりとした予定を立ててずいぶん先の日程で予約する人と、そして宿泊当日になってホテルを探すというのが代表的2パターンであったのだそうだ。中間というのはあまりなく、また後者の割合がかなり高いことから(モバイルアプリケーションからの比率を見ると50%以上のにぼる)、ぜひともこうしたニーズに応える必要があると判断したのだそうだ。

読者の皆さんも御存知のように、当日ホテル予約の機能を提供するというのは新規なアイデアというわけではない(Hotel Tonightなどはこれに特化している)。しかしGoldsteinもいうように、Hipmunkのアプローチは他社サービスとは異なる。すなわち自社でキャンペーンサービスを提供するのではなく、多様なソースから集めた情報を再構成して提供するというスタイルなのだ。

「ビジネスモデルの違いということになります」と、Goldsteinは言う。「従来型ビジネスでは、旅行関連サービスといえば、結局のところ消費者にいくら金を使わせるかというところでビジネスをしていたと思うのです。私たちは、自分たちで直接的に何かを売るのではない、ある種のメタビジネスを展開したいと考えているのです」。

Hipmunkからしてみると、宿泊施設や関連サービスが、キャンペーンを行うことはむしろプラスになるわけだ。そうした情報を収集再構築して、そして利用者に提供するのだ(但し特定のホテルについては、自前で用意したキャンペーン等もサイトを通じて売り出している)。

もちろん、情報をただ並べ替えて提示するわけではなく、検索機能などで他との差別化を行おうとしている。たとえば、リストアップされるそれぞれのホテルから、会議などの開催地までの距離がわかりやすく掲載されるという機能は、ビジネス利用の人たちに人気だ。あるいはヒートマップ形式で「人気地域」の表示も行なっていて、こちらはレジャーで利用する人にとって便利な機能となっている。

今年になってGoldsteinは次のように述べていた。すなわち「私たちは旅行者にとってベストのサイトないしはアプリケーションを提供したいと考えています。ホテル検索だけでなく、航空券情報や他の旅行関連情報なども提供して行くつもりです。但し、小規模サービスであることもあり、まずはホテル関連情報のさらなる拡充を心がけて行きたいと考えています」といった内容だ。今回の機能拡張も、この方向性に基づくものということができるだろう。また、現状ではホテル情報を扱う方が、航空券情報などよりも利幅も大きくなりがちなのだそうだ。

Hipmunkはそもそも、航空券情報の取り扱いがサービスの肝となる予定だった。こちらの方面でのサービス拡大もまだまだ諦めてはいない様子。こちらの方でもFare Alerts機能をリリースしている。これは予め登録しておいたルートにおける安売り情報が登録された際に、メールなどでアラートを受け取るためのサービスだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)