Microsoftは、Windows RTの死を認めようとしない

次の記事

ウォンテッド、メール解析で連絡帳を作成するアプリ「CARD」をローンチ

Microsoftは苦しい立場にいる。Windows RTは溺死状態だ。しかしMicrosoftでは,無数のSurface RTタブレットが倉庫でほこりをかぶっている。そこでBalmerと仲間たちは、Appleに対する無知な戦いを続け、遥かに成功しているiPadと比較するテレビCMを作った。

ネタバレ:Surface RTは勝者であると宣言される

以前のCMと同じく、Surface RTのiPadとiOSに対する正当な優位性が繰り返し語られる。そして多くの場合、Microsoftは必ずしも嘘を言っていない。Surface、そしてWindows RTは、iPadに対して明確な優位性を持っている。一見、Windows RTは、iOSよりも生産性が高く進歩的に見える。しかし、スタート画面を何度か左右にスワイプしてみると、その新奇性は廃れる。

もちろんMicrosoftは、iOSに見られるようなアプリをWindows RTで揃えることに失敗している。

Windows RTは、初めから敗者だった。そして今、Asusが市場を引き上げ、このWindows 8の弟分は急速に存在感をなくつつある。Asusが去り、残るWindows RTハードウェア製造者は、DellとMicrosoftだけだ。Samsung、HTC、HP、およびLenovoは以前にWindows RTタブレットの計画を取り下げている。

「これは我々だけの意見ではない。業界全体がWindows RTは成功していないとという意見だ」とAsusのCEO Jerry Shenは、Wall Street Journalに語った。

現時点でWindows RTの支持は急速に消滅しつつあり、Microsoftは、スペックだけで購入する疑うことを知らない消費者を相手に失敗作のタブレットを押し付けようという仕打ちをしている。WIndows RTの製品区分は早々になくなり、現在のわずかなデベロッパーサポートもすぐに後を追うだろう。消費者の手に残るのは過去の遺物と化したタブレットだけだ。

6月に私が書いたように、Microsoftよ、Windows RTをあきらめろ

原文へ