Firefox OS搭載のZTE Openがアメリカとイギリスで80ドルで発売

次の記事

Google Drive、スペルチェックと箇条書きに機能追加

firefox-os-zte-open

AndroidとiOSの支配がほぼ確定しているアメリカとイギリスのモバイル市場で、いまさら新たに目立つためには何をすべきか? 無契約でアンロックのFirefox OS製品を79ドル99セントで発売するのだ。それだけではインパクトが弱いかもしれないから、販売チャネルをeBayに限定する。以上が、ZTEが考えたFirefox OSスマートフォンZTE Openの立ち上げキャンペーンだ。今週の金曜日(米国時間8/16)から予約販売を開始するらしい。

ZTEが今日(米国時間8/12)のプレスリリースで発表したところによると、すでにスペインベネズエラとコロンビアで発売されているOpenが、合衆国イギリスではeBay限定で79ドル99セント(59ポンド99ペンス)で発売される。色は特製のオレンジのみ。“アンロックなのでどのモバイルネットワークでも使える”。両国のeBayサイトにはすでに、金曜日から“入札”を受け付ける、というバナーが出ている。

ZTE Openは3G対応で、画面は3.5インチ480×320、メモリをmicroSDで拡張可能、リアカメラ3.15mpx、プロセッサは1.0 GHz Cortex-A5だ。3年前の機種だ、とも言えるかもしれないが、ZTE Openがねらっているのはスペックレースで勝つことではない。ひとつは、オープンなWebスタンダードをベースとするOSでどこまでのことができるかを、世の中に示すこと。そしてもう一つは、キャリア縛りが常識のようなスマートフォン市場で、安価なアンロック製品にこだわってみることだ。

Firefox OSと、ZTE OneやAlcatel One Touch Fireのような製品は、途上国市場に高機能製品を届けることが目的だ。それらの市場では、スマートフォンはまだ高すぎて一般庶民は手が出せない。しかしZTE Openをアメリカとイギリスで発売することは、この両国にも安価で、Web閲覧機能など基本性能の充実した、シンプルな製品への需要があることを、意味しているものと思われる。

しかもこの価格なら、アメリカでもイギリスでも、単なる好奇心から買ってみる人が、けっこういそうだ。スマートフォンには珍しいオレンジという色も、一部の人の食欲をそそるかもしれない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))