ハードウェア

話題のMisfit Shineはどうかな?—本誌スタッフが愛用者になったので感想を聞いた

次の記事

ベータテストサービスTestFlightが扱ったアプリ40万に達す, 大吉と出た買収効果

フィットネスはとても個人的なことなので、今みたいにさまざまな活動記録デバイスが出回っているときには、実際にそれを使ってみた人の感想を聞いて、自分との相性を推察するのがよろしかろう。それは、今度行くレストランを決めるときYelpを見ることに似ている。いろんな人の意見や感想を読んで、自分なりの結論を導くのだ。

本誌TechCrunchで、TechCrunch TVの番組編成を担当しているFelicia Williamsが、最近Misfit Shineを買ったらしい。そこで私は彼女をテレビカメラの前に引きずってきて、彼女なりの使用体験を語ってもらった。

Feliciaが言うには、自分は全然、活動記録計(activity tracker)なんか身につけるタイプじゃない。そもそも、腕に何かを付けることが嫌いだ。そんな彼女がMisfit Shineにはまったのだから、おもしろい。ShineがAppleのストアに出たのは先週だが、Felicia はIndiegogoで出資していたのでそれより一週間前にに手に入れていた。

上のビデオでは、Feliciaが毎日のジョギングや犬の散歩でShineを使っている。彼女は、Shineのアプリが“きれいだ”と言う。どうやらそこから、はまったらしい。ただし、いくつか気に入らないところがあるので、10点満点はあげられないそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))