位置共有アプリGlympseがユーザ数1000万に達し英語以外(日本語など)にも対応

次の記事

老人在宅モニタ機器の情報化とネットワーク化とモバイル(移動)化を初めて実現したAmulyte

【抄訳】
Glympse Spanish Recent

Glympseは、ユーザが自分の現在位置と移動経路を地図上に表示できるアプリだが、今日(米国時間8/16)は英語以外の言語への対応を発表した。それらは、中国語とドイツ語と日本語とスペイン語で、近い将来、フランス語とイタリア語と韓国語とブラジルポルトガル語もサポートされるという。

同じく今日同社は、アクティブユーザ数が1000万に達し、それは対応プラットホームをできるかぎり広げてきた結果である、と発表した。このアプリは、iOSとAndroidだけでなく、Windows PhoneバージョンもBlackBerryバージョンもあり、車載アプリはFord用、Mercedes Benz用、BMW用、Mini用と揃えている。また5月にはAPIを公開して、今後多くのデベロッパの関与をねらっている。

ただし、今日発表の多言語化は、当面iOSとAndroidのみ、ということだ。

今すでにユーザの40%は合衆国以外だから、今後さらに伸びようとしたら多言語対応は同社にとって必須だ。とくにモバイルの地図アプリは需要が大きく、だからこそAppleは独自のより強力な地図サービスの開発に力を入れ、Googleは10億ドルを超える買収を行い、Nokiaもハンドセットビジネスにおける重要な差別化要因として独自のドライバー地図に力を入れている。

Glympseの多言語化は、協同ファウンダでCEOのBryan Trusselに数か月前スペインで会ったとき、すでに話題になった。彼は、ユーザのリクエストがとても多いからそのうちやる、と言っていた。“今実装努力に勤しんでいる広範な多言語対応が実現すれば、数百万のユーザが自国語でGlympseを使えるようになる”、と彼は今日の声明で述べている。

言語の指定は、デフォルトではデバイスの設定言語になるが、アプリ独自の指定もできる。実はフランス語、イタリア語、韓国語、ブラジルポルトガル語のサポートもすでにプレビューモードで含まれており、目下テスト中だが、ユーザはこれらの言語をアプリから指定することもできる。

なおGlympseは、現在位置や移動行程をアプリのユーザ同士で共有できるだけでなく、その地図のリンクをソーシャルネットワークに送るメッセージなどで共有できる(ただしユーザはたえず移動中だからリンクやメッセージには有効期限がある*)。位置や行程の共有は、友だち同士でなく、親・子間、上司(社内)・社員(社外)間など、家族生活や仕事関係でも、有意義に利用できる。将来的には、行程は飛行機の中でもトレースするから、友だちが乗った飛行機の正確な着時間の予想などもできる。(*: Evernoteによるアーカイブ化(永久保存)も可能。)

【後略】

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))