スタートアップの生死を決めるのは「今やる」決断と勇気…Menlo VenturesのMark Siegelが語る

次の記事

営業~見込み客発掘をデータ分析で助けるSalesPredictが$1Mのシード資金を調達

今週の「VCに聞く」(Ask A VC)にご登場いただくのは、Menlo Venturesの専務取締役Mark Siegelだ。

Siegelは主にエンタプライズや広告方面の投資を扱っているが、最近、モバイルとソーシャルとクラウドコンピューティングとデータ分析、この四つの分野に存在する商機について書いた本、“The Right Now Economy.”〔仮訳: “今でしょ!の経済”〕を出版した。UberやNetflixをはじめ、「今」の波にうまく乗って伸びている企業は多いが、Siegelはこのインタビューで、その波のうしろに来ている次の「今」の波は、保険医療、教育、そして金融サービスだという。今日~明日生まれるスタートアップは、自分のための今でしょ!の波に、うまく乗らないといけない。

Siegelは、VCとして、シード資金やシリーズAの投下を決めるときの対象企業の評価基準についても、語った。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))