長年の混乱に終止符, MongoDBのオーナー企業10genが社名をMongoDBに変更

次の記事

Microsoft、Windows 8.1の開発完了を宣言―ただし公開は10月18日

mongodb_logo

NoSQLデータベースMongoDBの開発とサポートを行っている10genが、社名を製品名と同じMongoDBに変えた。同社によると、その目的は、オープンソースのデータベースプロジェクトと、それを支える会社とを、一体とするためである。新社名は、ただちに有効となる。

MongoDBは知名度の高いドキュメントベースのデータベースで、2007年に10genの傘下でローンチした。10genそのものは、オープンソースのクラウドのためのプラットホーム、という構想でスタートした企業だ。しかしその後同社はMongoDBをメインのプロダクトにすることに決め、実質的にデータベース企業になった。今回の社名変更に関して会長で協同ファウンダのDwight Merrimanは、社名と主製品名の統一がその目的、と語った。

MongoDBプロジェクトとそのコミュニティWebサイトmongodb.orgは、社名の変更の影響を受けない。10genのWebサイトは10gen.comからmongodb.comに変わった。

それは、もちろん良いことだ。10genという名前は、これまでひたすら、混乱を招いていた。改名は、MongoDBにとってというより、会社にもたらす今後のブランド効果が大きいだろう。

なおこのところ、企業経営がますますデータドリブン(data driven, データ駆動型)になるに伴い、NoSQL運動が飛躍的に成長している。関係データベースの支配は今も続いているが、それはクライアント/サーバの時代に設計されたものであり、数テラバイトものデータを処理するには適していない。膨大な量のデータ処理は、いまや例外ではなく企業ITの定番になりつつある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))