Chromeのネイティブ風パッケージアプリ、”Chrome Apps” と名前を変えて一般公開

次の記事

Chromebookを完全なLinux開発マシンに変身させるNitrous.IOのChrome用パッケージドアプリ

Googleは今日(米国時間9/5)、Chrome Appsを正式公開した。Chrome OSとWindowsハイブリッドのネイティブ/ウェブアプリの「新種」だが、実は新しくはない。Google Chromeには、かなり前からパッケージアプリというものがあり、今日の「正式公開」は、このパッケージアプリを、デベロッパーの狭い世界から消費者全般に広めることが主要な部分だ。

Chrome Appsは、要するに、ハードウェアのネイティブ機能の一部を利用する権限が追加された、インストール可能ウェブアプリだ。ウェブアプリをブラウザーの外で、通常のChromeのUIを使わずに実行できる。さらにデベロッパーは、オフラインで動かしたり、ローカルストレージやBluetooth経由で接続されたデバイスやカメラをアクセスするアプリを作りやすくなる。Chrome本体と同じく、これらのアプリは自動的に自分自身をアップデートし、Chromeの機能拡張と同じく、自動的に複数のマシン間で同期される。

下のビデオで、パッケージアプリChrome Appsの仕組みを紹介している。

Windowsでは、これらのアプリはスタートメニューやタスクバーには統合されない。代わりに — これはかなり前からだが — Chromeが独自のスタートメニュー風ボタンをタスクバーに追加する。これはChrome OSのアプリケーション・ランチャーとよく似ている。Macでは、アプリランチャーは未だに安定バージョンのChromeには提供されていないが、Appleのデスクトッププラットフォームと、Linuxの両方で近々公開予定だとGoogleは言っているす。

今日の正式公開を祝して、GoogleはChromeウェブストアにパッケージアプリ用特別セクション(*)を設けた。“For your desktop”コーナーには、Wunderlist(7月にパッケージアプリを公開した)、Pocket、および元Disrupt Battlefield勝者のUberconferenceが掲載されている。
【* 日本語版注:訳者の環境では(地域を「米国」にしても)表示されなかった】

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi)