10.9
mavericks

OS X Mavericksのローンチは10月にずれ込む, Haswell搭載のMacBook Proと同時発表か

次の記事

MaxthonのブラウザがモバイルチップメーカーMediaTekとの契約で2014年には1億のデバイスにプレロード

os-x-mavericks

Appleのデスクトップオペレーティングシステムの次世代バージョンOS X Mavericks(OS X 10.9)はすでにデベロッパの手に渡っているが、消費者に届くのは10月以降のようだ。噂ではAppleは来週のiPhoneイベントで、または、少なくとも9月中にはローンチするかも、と言われているが、9to5MacAllThingsDはどちらも、10月の後半説を報じている。

上記両サイトに情報を提供している人たちによると、Appleは人と時間のほとんどを、iOS 7の発売を来週の新型iPhoneのローンチに間に合わせるために投じてきた。だからMavericksは10月後半に後回しだ。思い出せば確かにAppleは、Mavericksはこの秋、としか言っていない。10月も、もちろん秋。だから最初のスケジュールから外れていない。

MavericksではFinderが強化され、マルチモニタのサポートも改良、スタンドアロンのiBooksアプリケーションを提供、Macの電源管理の改良、などが盛り込まれる。プレビューを使ったデベロッパの感想では、最新のビルドはとても安定性が良いようだ、という。しかし一部には、前のリリースよりもやや後退しているとの声もある。いずれにせよ、安定性の問題でリリースが遅れているという見方もあり、もうしばらく待たされることは確かなようだ。

Mavericksは新型Macの発表と同時にローンチする、というビッグな想像もある。新型Macの企画の在庫を、Appleはつねにたくさん持っているはずだ。たとえばMac Proは合衆国で生産され、外付けI/Oで拡張性を担保するというラジカルな新デザインを採用した。MacBook Proも今準備中だが、これはIntelのHaswellプロセッサを採用し、Mavericksの省エネ機能と併せて、感動的なほどの電池寿命を実現するかもしれない。というわけで、OS X Mavericksとハードウェア新製品の同時発表は理にかなった期待でもある。Haswellを搭載した最新のMacBook Airを使ったことのある人なら、10.9を最高に輝かせる方法はそれしかない、とも思うだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))