TC Disrupt:ザッカーバーグ、NSAスキャンダルについて「政府は対応をしくじった」

次の記事

TC Disrupt:マーク・ザッカーバーグ、株式公開について「怖がりすぎていたかも。結果的にはよい經驗だった」

「政府はしくじったと思う」、Facebook CEO Mark Zuckerbergは、今日(米国時間9/11)のTechCrunch DisruptでNSAスキャンダルについてあからさまに語った。

「われわれは自分たちの役割に極めて真剣に取り組んでいる。Facebookを使う人たち全員を守ることはわれわれの仕事だ。われわれ全員、われわれの自由、そしてわれわれの経済を守ることは、この国の政府の仕事だ。彼らはこのバランスを取るのに失敗した」と彼は言った。

Zuckerbergは、人々は政府のプログラムについてもっと知る権利があると信じている、だからFacebookはもっと透明性を高めるよう働きかけていると言った。彼は、最初のNSAの漏洩に対して、政府はアメリカ国民をスパイしていないと言った米国政府の対応に反発した。

「まったく、それなら世界中の人たちにサービスしようとしている企業は本当に助かるだろうね」とZuckerbergは皮肉った。「あれは本当にひどかったと思う」。

若きCEOは、Facebookが過去半年にNSAから約9000件の要求を受けたが、そのうち何件に回答したかを公表できないことにいら立っていると語った。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)