Cyanogen Modは一般消費者が自分でインストールする改良版Android, 資金$7Mを獲得

次の記事

グッドラッテ下院議員、NSA監視からの「さらなる保護」を要請

cyanogenmod

今やスマートフォンのOSは、AndroidとiOSという二頭レースになっているが、それは、三頭めはもう絶対に出てこないことを、意味しているのだろうか?

Nokikaのハードウェア部門を買収したMicrosoftはどうか?

いや、Androidからのフォークが、未来の三頭めになるのではないか?

Cyanogen Inc.は、世界でもっとも人気の高いAndroid ROM、Cyanogen Modを作っている会社だ。同社はこのほど、Benchmark Capitalから700万ドルの資金を調達して、ホビイストのためのプロジェクトだったものを、消費者製品としてのモバイルOSとして、ビジネスの軌道に乗せようとしている。

標準のAndroidが物足りなくなった消費者は、自分のデバイスをフラッシュしてCyanogen Modに入れ替える。そうすると、同社によれば、セキュリティの向上と個人化機能とスピードの向上が得られる。まだ何もマーケティング努力をしていない現状でも、すでにCyanogen Modをインストールしたユーザがほぼ800万人いる。Cyanogen Modを直接使っている800万以外に、Androidの別フレーバー、たとえばXiaomiのMiUIなどもCyanogen Modがベースなので、実際のユーザはもっと何倍も多い。

“これは、Androidの最初のバージョンが出たときに遊びで始めたことなんだ”、と協同ファウンダのSteve Kondikは言う。彼はSamsungのソフトウェアエンジニアだったときにCyanogen Modを作り始めた。“でも、たちまち評判になって、雪だるま式に大きくなった。いろんな人が、改良のためのヒントや要望をくれるようになった。しかし解決しなければならない技術的な難問が、山のようにあった”。

Cyanogen Modのインストールは今のところかなり面倒だ。1時間以上もかかる。“すこしずつ、改良してるんだけど、はかどらないね”、とKondikはジョークっぽく言った。

でも今度得た資金でインストーラを作っているから、今後はインストールも楽になるだろう。

“Google Playのストアからアプリを取ってくるみたいに、簡単になるべきだよね”、と彼は言う。“インストーラができたら、ワンクリックでCyanogen Modをインストールできるようになるよ”。

Kondikの考えではCyanogen Modは、“ユーザの、ユーザによる、ユーザのためのモバイルOS”になるべきものだ。同社のビルド工程とユーザとの関係は、中国のXiaomiの、熱心なファンへの対応に似ている。後者は、バージョンのアップデートサイクルが毎週、そしてコミュニティが提案した機能を盛り込む、というやり方だ。

Kondikによると、バグフィクスのために一日に複数のバージョンをアップロードすることもある。ファンから寄せられるコードにも、対応しなければならない。彼がやったmod(modification,変更)を、ユーザがさらにmodするのだ。そういう、modのmodを、彼がまたまたmodすることもある。

彼は今日(米国時間9/18)のユーザへのレターで、“すごく楽しかったよ。みんなが同じ考えを共有して、誰も作ってくれないものを自分たちで作る。その気持ちが、コミュニティの活気を支えている”。

これまでCyanogen Modは、いろんな種類のユーザ向けにリリースを提供してきた。冒険好きで実験好きなユーザには毎日“最先端の”リリースを提供し、その後、各月の安定リリースに移行していく。

数か月前にラウンドを終了した新たな資金があるため、KondikはSamsungを退社した。そして協同ファウンダのKirt McMasterがCEOになり、経営や今後の資金調達を担当する。今Cyanogen Modに関わっているチームは、総勢17名だ。

cyanogenmod-2

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))