Facebook、モバイルアプリ広告に「行動誘発」機能を追加。ユーザーの呼び戻しが可能に

次の記事

Google ChromeがUIをアップデート―「新しいタブ」が新しくなった

Facebookのモバイルアプリ広告の目的はきわめて明快に思える。インストールを加速させること。さて、同社は今日のブログ記事に、これらの広告が「次の段階」も支援できるようになったことを書いている。具体的には、ユーザーを引き止め、アクティブにさせることだ ― 時にはお金を使わせることも。

モバイルにおける課題を示すために、Facebookはアプリユーザーの66%が1~10回しかアプリを開いていない、というLocalyticsの調査結果を紹介した。

ユーザーを呼び戻すというアイデアは、オンラインマーケティングではよく知られている。Facebookでは、あるモバイルアプリを既にインストールしているユーザーをターゲットに、カスタマイズした「行動誘引広告」を出せるようにした。行動の種類には、「アプリを使う」などの一般的なものの他に、「今すぐ買う」「今すぐ予約」「今すぐ聞く」といった特定目的のものもある。広告主はこれらの行動を、アプリ内の特定の場所に直接リンクさせることができる。

新しいオプションを様々な広告主が活用できることを示すために、Facebookは以下の事例を紹介している。

  • 既存ユーザーを現行のセールやプロモーションに呼びたい小売アプリ
  • 既存プレーヤーをアップデートされたレベルに進ませたいゲーム
  • リスナーに新しいプレイリストを使わせたい音楽アプリ
  • 運賃や保養地のディスカウント料金を宣伝したい旅行アプリ

Facebookの広報担当者によると、新しい行動誘発機能によって、インストール広告をゲーム以外のアプリにも応用しやすくなるという(上の例を参照)。また、広告の料金体系に変更がないことも言っていた。

プログ記事によると、モバイルアプリ広告(約1年前に開始された)は、今年に入って1.45億回以上のインストールを誘発した。利用企業にはTarget、eBay、HotelTonight、Kabamらがある。そしてモバイル広告は、もちろん、今やFacebookの成長を支える主要な推進力となっている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)