本日18日金曜日締切! TechCrunch Tokyoスタートアップバトル参加企業は今すぐ応募を!!

次の記事

GoogleのNgram Viewerが新機能を加えてアップデート, ワイルドカードも使える

tctokyo_winner111月11日、12日に開催するTechCrunch Tokyo 2013の目玉企画の1つ、「スタートアップバトル」の参加申し込みは、いよいよ本日が締め切りとなった。応募締め切りは10月18日金曜日23時59分だ。すでに多くの応募を頂いているが、申し込みは深夜まで受け付けているので、参加を検討していたスタートアップ企業の方には早めにご応募頂ければ幸いだ。そうそう、TechCrunch Tokyoというイベントは、実はTechCrunch Shanghai、TechCrunch Moscow、TechCrunch Rome、TechCrunch Bangaloreという風に世界各地の主要都市で開催される(された)同様のスタートアップイベント(TechCrunchではインターナショナル・シティ・イベントと位置付けている)の1つなのだが、だからといってバトルの応募締め切り時刻のタイムゾーンはGMTとかではなく、日本標準時のJSTなのでお間違えなきよう(誰も間違えないか)。

TechCrunch Tokyo 2013スタートアップバトルの申し込みはこちらから→

今年のイベントにも米TechCrunch本家から、共同編集長の1人であるAlexia Tsotsisと、アジアのソーシャルゲーム動向もカバーするTechCrunch主力ライターの1人、Kim-Mai Cutlerの2人が来日して参加予定だ。優勝チームはもちろんのこと、スタートアップバトル参加チームのプロダクトがUS版TechCrunchで取り上げられる可能性も高いので、世界デビューを目指すスタートアップの方はぜひご応募頂ければと思う。

応募資格

  • 未ローンチまたは2013年1月以降にローンチしたデモが可能なプロダクト(サービス)を持つスタートアップ企業(未公開プロダクトを歓迎します)
  • 創業年数3年未満(2010年11月以降に創業)で上場企業の子会社でないこと。なお、このイベント以前に開催された他のイベントで受賞をしていないプロダクトを優先します。

応募受付期間

2013年8月2日(金)〜 2013年10月18日(金)23時59分

審査について

  • 審査基準: 企業とプロダクトを対象にし、そのプロダクトの市場性やビジネスの成長性、またビジョンを実現していけるチームであるかを基準とします。
  • 一次審査: 一次審査は書類審査としますが、一部評価に必要な情報が足りない場合はインタビューやデモを見せていただく場合があります。選考を通った応募企業には運営事務局から10月25日までに審査結果を通知します。
  • 予選: TechCrunch Tokyo 2013の1日目に、書類審査を通過した企業約30社による予選を会場で行います。各チーム持ち時間は5分でデモを交えたプレゼンテーションを行っていただきます。
  • 決勝戦: TechCrunch Tokyo 2013の2日目にスタートアップバトルの最終審査である決勝戦を行います。TechCrunch Japanが選んだ審査員によって最優秀企業を選出します。

一次審査員(書類審査)

  • 有安伸宏氏(コーチ・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長)
  • 松本龍佑氏(ヤフー株式会社アプリ開発室室長、コミュニティファクトリー 創業者)
  • 西田隆一氏(B Dash Ventures シニア・インベストメントマネージャー)
  • 和田圭佑氏(Incubate Fund ジェネラル・パートナー)
  • 今野穣氏(グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー)
  • 西村賢(TechCrunch Japan編集長)

TechCrunch Tokyo 2013スタートアップバトルの申し込みはこちらから→

なお、上記のスタートアップバトル応募条件を満たしていない場合は、スタートアップ用のデモブースも設けているので、そちらで大いにプロダクトを紹介してほしい。(ブース申し込みはこちらまで)一般参加のチケット申し込みも引き続き行っているので、読者の皆さまの多くにご参加頂ければと思う。