api management
apiphany

MicrosoftがAPI管理のApiphanyを買収してWindows Azureに統合

次の記事

社内日報共有サービスのgamba、Skyland Venturesから2000万円を調達

Microsoftが、Windows Azureに統合する目的で、API管理のApiphanyを買収した。買収の条件は公表されていない。

この買収に関する短い記事がWindows Azureのブログにあり、その中で、APIの重要性が増しているが、APIを信頼性とセキュリティとスケーラビリティを伴って露出するためにはより高いレベルの管理が必要だ、と言っている。記事の中でMicrosoftのゼネラルマネージャ曰く: Apiphanyはどんなサイズの企業にも、何らかのエンドポイントを露出するために必要なツールを提供し、また機密性のあるデータやサービスへの選択的なアクセス制限を行う。

ワシントンD.C.に社籍のあるApipahnyは、Washington Postなどの顧客企業に、APIを管理するためのポータルを提供する。APIアナリストのKin Laneは5月に書いたリビューの中で、ApiphanyにはAPIの展開と消費のための三つの主要成分がある、と言っている。複数のAPIを管理する際のオペレーションを管理する能力、APIのリソースとオペレーションのさまざまな組み合わせへのアクセスを提供するデベロッパ向けサービス、そして三つめが、このプラットホームに登録されているアプリケーションへのアクセスだ。

Apiphanyの買収は、API管理の市場に整理統合が進んでいることを示している。今年はIntelがMasheryを1億8000万ドル以上で買収し、またCAはLayer 7を、MulesoftはProgrammable Webを買収した。Facebookもこの渦に飛び込んできて、Parseを買収した。

Apiphanyのような使いやすいAPI管理プラットホームが次々と独立サービスでなくなることは、デベロッパにとって残念だろう。同社の利用料は月額50ドルだった。今市場と投資家に注目されつつある類似サービスの多くはデベロッパよりもむしろエンタプライズを対象とし、Apiphanyほどお安くはない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))