messaging apps
OTT

Lineが2014年に東京証券取引所に上場との報道

次の記事

Zynga、損失が予想を下回って株価は12%高

Nikkeiによると、人気のメッセージングサービスLineが、2014年に東京証券取引所で株式の公開をしたい(上場企業になる)らしい。評価額は8億ドルから10億ドルのあいだ、とされている。

Serkan Totoによると、Lineの登録ユーザ数は2億7000万である。ただし、月間のアクティブユーザ数がその何パーセントかは不明。同じく近く公開されるTwitterは、月間アクティブユーザ数が2億3000万だ。Twitterも今はモバイルが多いから、両社を比較することは妥当だろう。

TwitterのIPO時の評価額は200億ドルと噂されている。ユーザ一人当たりの額も、おそらくTwitterの方が大きいだろう。

Lineはいわゆる’over-the-top'(OTT)ブームの先頭を走ってきた企業で、そのメッセージングサービスはここ数年で急速に成長した。類似サービスにViberやKakaoTalkがある。OTT族は、キャリア本来の(携帯~スマホネイティブの)SMSや電話機能を、置換してしまった。

今ではそれは、巨大な市場だ。Lineのユーザ数2.7億も、OTTコミュニケーション市場全体のごく一部にすぎない。しかしLineが公開企業になったら、そのほかのOTTアプリケーションも、その後を追うだろう。

画像クレジット: Joi Ito〔MIT Media Labの所長!〕

〔訳注: Lineは、この報道を否定。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))