App Indexingを使うと、Google検索結果からAndroidアプリに直接リンクできる

次の記事

TwitterのIPOは、拡大する損失と成長への課題をよそに「申し込み超過」

今頃はもう、Android 4.4 KitKatには当初報じられていたより、ずっと多くの物が詰まっていることが明らかになっているだろう。中でも(少なくとも私にとって)興味深いことが、初期のリーク情報からは抜けていた。

GoogleのNexus 5/KitKatプレゼンの最後に紹介されたApp Indexingという新機能を使うと、アプリ開発者はGoogle検索結果をアプリ内コンテンツに直接リンクさせることができる。

しくみはこうだ。例えば、Google検索アプリで映画『エンダーのゲーム』があま良くないという記事を発見したとする。もしその時、端末にIMDbアプリがインストールされていれば、検索結果に「アプリで開く」ボタンの付いた情報カードが表示される。タップするとIMDbアプリが立ち上がり、すぐにエンダーのゲームの情報が表示される。

当然この機能は映画情報に限らない。現在この機能をサポートしているのは、Allthecooks、AllTrails、Beautylish、Etsy、Expedia、Flixster、Healthtap、IMDb、Moviefone、Newegg、Opentable、Truliaの各アプリ。

Googleの狙いは、アプリ会社に選択肢を与えること。もし自社のモバイルインターフェースがユーザー維持に十分だと思えば、そのままでいい。しかし、もしAndroidアプリが既にある(あるいは開発中)なら、このディープ・リンクを実装することでユーザーをつかみやすくなるかもしれない。

Androidアプリの開発を推進するためであることも間違いない。Androidが世界的大勢であることに疑いはない ― Android 4.4 KitKatは安価なハードウェアに高度な機能を載せることで、途上国での端末販売を促進する。そして、多くの場合Google検索アプリがそこに関わる。つまり、Google検索で何かを探す世界の巨大Androidコミュニティーが、「アプリで開く」ボタンを見つけてくれるチャンスがあることになる。

現在Googleは上に挙げたパートナーと新機能のテストをしているところなので、実際に新しい情報のカードを見られるのは11月中のいつかだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)