Oracle、Red Hat、Googleの社員が、窮地のHealthcare.gov修復に手を差し伸べる

次の記事

本日公開のAndroid 4.4 KitKat詳細レビュー―すべてのデバイスで動作可能、Googleの野心はフラグメンテーションの抜本的解消

テクノロジーの巨人、Google、Red Hat、Oracle等の社員らが、医療保険制度改革の鍵であり、役立たずと悪名高いHealthcare.govの修復に手を貸すべく、政府に集結したと報じられた。

CNBCのツイートによると、派遣されたのは各社の「エキスパートたち」だ。人数や役割については明らかにされていない。政府が助けを必要としている時に、テクノロジー・コミュニティーが立ち上がったのは良いことだ。結局のところ、これはわれわれの領域だ。
BusinessWeekのAlex Wayneの記事によると、Googleは「サイト信頼性エンジニア」の一人であるMichael Dickersonを送り出した。またこれもWayneによると、モバイル会社MobomoのGreg Gershmanも参加すると言われている。

最近医療制度改革が施行された時、その情報中心地となるべきウェブサイトは役に立たなかった。反応は遅く、ユーザーは離れ、保険会社に誤った情報が送られた。それは政府および大統領にとって、構造的に気まずい瞬間だった。その後、技術的テコ入れが命じられた。どうやらこれはその取組みの一部のようだ。

政府は同ウェブサイトを11月末までに機能させることを約束した。つまり、シリコンバレーの勇者たちに与えられた修正時間はわずか1ヵ月だ。もう一つ不明なのは、なぜ他社ではなくこの3社が乗り出したのかだ。Microsoft、Apple、Yahoo、Twitterなどの会社もエンジニアの1人や2人は供出できるだろう。

私企業の社員が、一部をカナダの請負会社が作った政府の公的ウェブサイトの修復を手伝う? この物語に関するリーク情報から今後も目を離せない。

これは進行中の出来事であり、新しい情報が入り次第記事は修正される予定。

トップ画像提供:Flickr

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)