TwitterのIPOは、拡大する損失と成長への課題をよそに「申し込み超過」

次の記事

Oracle、Red Hat、Googleの社員が、窮地のHealthcare.gov修復に手を差し伸べる

本日(米国時間10/31)、BloombergのSarah FrierとSerena Saittoは、Twitterの大いに期待されているIPOは、申し込み超過の勢いであると報じ、上場を目指すこの会社への関心の高まりを示している。Twitterは予想をはるかに下回る価格を提示しており、IPOの申し込み超過は保証されていた。

記事によると、同社のIPOに対する関心は非常に高く、銀行の介入以前に応募超過となる見込みだという。

Twitterが申請書類を提出した時、その膨大かつ拡大する損失に対し一部から批判があった。そして今、2013年のTwitterの売上にあらゆる注目が集まっている。同社はこのIPOで約10億ドルを調達予定で、会社の時価総額は110億ドルになる。Twitterは、700万株を1株当たり17~20ドルで募集する予定だ。Twitterは11月6日に価格を決定し、その翌日に取引きを開始すると考えられている。

現時点でTwitterには、発行株式を増やす、あるいは予定価格の上限を越えて値付けをするという選択肢も残されている。損失はさておき、Twitterは今年最も熱いIPOになるだろう。乞うご期待。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)