タブレットの顧客満足度調査でSamsungがAppleに僅差で勝った理由

次の記事

Googleがサンフランシスコ湾に巨大な水上店舗を建設中–小売ビジネスでもAppleと勝負か

【抄訳】

昨日(米国時間10/31)JD Powerが、タブレットの満足度に関する最新の調査結果を発表してインターネット上にどよめきが走った。タブレットの顧客満足度で初めて、Samsungが長年の人気者Appleを抜いたのだ。4月の調査ではAppleの圧勝だったから、これはあまりにも急激な変化だ。

ほとんど差はない、という抗議の声もあり、たしかにJD PowerのチャートではAppleが勝っているようでもあり、またSamsung 835、Apple 833という得点差は有意差ではないという主張もある。たしかに、その点はぼくもおかしいと思ったけど、おそらくそれは、価格のせいではないか。

JD Powerの通信サービス部の部長Kirk Parsonsに話を聞いてみたが、彼の説は平凡だけど、それによって全体の状況がよく分かるかもしれない。まず、下図のようなドットグラフは単純なビジュアルツールであり、各ブランドが獲得した元のスコアを正確に表してはいない。

ご覧のようにドットグラフでは、性能、使いやすさ、デザイン、タブレットの機能、の4部門でAppleが圧勝している。ただ一つ、コストだけがSamsungの勝ちだ。でも全体的なスコア計算におけるコストのウェイトは16%だそうだから、かなり疑問も残る。

Screen Shot 2013-11-01 at 12.20.12 PM

Parsonsもこのウェイトを認めたが、しかしコストのカテゴリーでの両社の得点差は、ほかの4つのカテゴリーにおけるAppleの勝ちを無にするほど大きかったのだ、という。そのことが、総合得点でSamsungの2点差で辛勝、という結果につながった。

以下は、昨年発売されたSamsungのタブレットのメーカー推奨小売価格だ。これらの製品を、JDの調査も対象にしている:

  • Galaxy Note 10.1 16GB – $499
  • Galaxy Note 10.1 32GB – $549
  • Galaxy Note 10.1 (2014 Edition), 16GB – $549
  • Galaxy Note 10.1 (2014 Edition), 32GB – $599
  • Galaxy Tab 3 7.0 – $199
  • Galaxy Tab 3 8.0 – $299
  • Galaxy Tab 3 10.1 – $399
  • Galaxy Note 8.0 – $399
  • Nexus 10 16GB – $399
  • Nexus 10 32GB – $499

AppleのiPadはこうなる:

  • iPad mini 16GB – $329
  • iPad mini 32GB – $429
  • iPad mini 16GB – $529
  • iPad 2 16GB $399
  • iPad 16GB $499
  • iPad 32GB $599
  • iPad 64GB $699

【中略】

JD Powerの調査だけから判断するなら、性能と使いやすさとデザインとタブレットの機能を重視する人はiPad、コストパフォーマンスが何よりも重要と考える人はSamusngを買うべし、という結論だろう。

この記事はChris Velazcoとの共作だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))