SnowdenはVKontakteに入社しなかった

次の記事

Googleの艀(はしけ)はリースの書類を見るとGlassの展示場らしい

Edward Snowdenはこの8月に、秘密性のまったくない、ごくふつうの仕事をオファーされたけれど、そのロシアのソーシャルネットワークVKontakteのファウンダPavel Durovが本誌Techcrunchに確認したところによると、彼は同社に入社していない。

報道では、Snowdenの弁護士がSnowdenのVKontakte(VK)入りを昨日発表したことになっているが、Durovによると記事も噂も真実ではない。それどころか、TechCrunch Disrupt Berlinのステージに立った彼は、NSAの国際的なスパイ行為を暴露したSnowdenは自分にとってヒーローだけれど、8月のオファーに関しては連絡がなかった、と言った。

今週の初めにロシアの通信社が、この内部告発者がロシアの“大手”Webサイトに亡命後の雇用を確保した、それはodnoklassniki.ru、mail.ru、liveinternet.ruなどなどのうちのどれかだ、と報じた。ロシア最大のWebサイトYandexは、The Vergeに対して、Snowdenに仕事を与えていない、と確認した

でも実際にどのサイトなのか、じきに分かるだろうね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))