Twitter IPO

Twitter、IPO価格は1株27ドル、時価総額は147億ドルに(CNBC報道)

次の記事

Facebookの「いいね!」ボタンは750万サイトで毎日220億回見られている。新デザインに変更

Twitterは静かなIPOを願っていたかもしれないが、比較的限られた売出し数に対する膨大な需要が公募価格を釣り上げている。CNBCによると、Twitterは1株当たり27ドルで上場すると見られ、これは当初予想されていた17~23ドルという範囲を大幅に上回る。ざっと見積ってその価格によるTwitterの時価総額は147億ドルになる。

Twitterは、売り出し数を増やさない限り、1株当たり27ドルで約19億ドルを調達する予定だ。例えばFacebookもIPO前に公募価格を上げ、売出株数も増やした。

しかし、現在Twitterが乗っている上昇気流は、売出規模の小ささによるところもあるため、私は増加はないと見ている。なお、Twitterの引受人には、一定条件が満たされれば、さらに1050万株を追加購入できるオプションがある。

事業に関して、Twitterの損失は同社の海外広告拡大に伴い加速している。IPOの規模が大きくなれば、調達額が増え、キャッシュフローが柔軟になることによって売上の成長を加速する可能性がある。とはいえ、金額の大きいIPOは、同時に大きい失敗の可能性もある。

ともあれ、投資家らは声を大にして叫んでいる:Twitter株、お願いっ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)