photo editor

Flickr、Shopifyも採用する画像編集SDKのAviaryが自社アプリの日本語版を正式にローンチ

次の記事

Mashup Award 9決勝戦レポート、最優秀賞は自動飲食店予約アプリ「1Click飲み」

aviaryAviaryは高機能な画像編集ツールでiOSとAndroidのアプリを提供している。フィルターやフレーム、スタンプなどを使って画像を編集できる。そして本日、同アプリを日本のユーザー向けに最適化したAvairyをローンチした(iOSのみ)。具体的には日本人が好みそうなスタンプを作成したり、写真の共有先にLINEなどを追加した他、プリクラ風に編集できる機能も加えられた。

Aviaryはアプリの提供以外に画像編集のSDKを提供しており、このSDKを通してAviaryを利用している月間アクティブユーザーの数は7,000万人となっている。SNSやメッセンジャーアプリ、Eコマース関連のサービスなどが利用しているケースが多いようだ。

パートナーとしてAviaryのSDKを利用している有名な企業(サービス)Flickr、Shopify、Tango、twitpic、Wix、Boxなど。日本ではmixiが正式にパートナーとなっている他、スタートアップではメルカリもAviaryを利用している。

Aviaryは日本での展開を最も重要だと考えており、これまで数ヶ月の間にローカライゼーションに取り組んできた。AviaryのCEOであるTobias Peggs氏や日本代表のArchie Archibong氏に話を聞いたところ、苦労した点の1つはスタンプの作成だという。

日本の「kawaii」を意識したスタンプを取り入れようと試行錯誤しても、女子高生なんかが好きな「キモ可愛い(キモイ+可愛い)」といったニュアンスなどを理解するのは大変だね、とTobias Peggs氏は語っていた。また、プリクラ風に画像を編集できるようにするためにプリクラに関しても勉強したそうだ。

ただ、AviaryはSDKを提供した先のアプリが独自のスタンプを作り、それをレベニューシェアで組み込むこともできる。だから、Aviary独自でスタンプを作るだけでなく、日本のサービスとパートナーシップを組むことで、より日本に適した形でサービスが提供できていくだろうと考えている。

なお、Aviary(iOS)はこちらからダウンロードできる。

aviary_1aviary_2