Bitcoinが645ドル? そう、全く理にかなっている

次の記事

FacebookやTwitterで、気に入らない投稿を好きな画像に差し替えてしまうChrome拡張機能

Bitcoin。誰もが知る暗号化通貨の価値が急上昇している。現在、1コイン当たり645ドルで取引きされていて、これは史上最高値であると共に、私の知る限りこれほど見出しをにぎわしたことはない。両者には相関がある可能性が高い。

4月に、Bitcoinは確実な回復を享受し、Mt. Goxマーケットで1コイン275ドル前後に跳ね上った。後に60ドルまで下がった。あれはBitcoinの2度目の回復だった。1度目はかなり以前の2011年6月で、Bitcoinは当時としては空前の30ドルに急騰した。後に1桁台へと下がった。

そして、この2回のBitcoinラリーでは、短期間における急上昇と直後の下落と底値を経験した。Bitcoinラリー1とBitcoinラリー2の間隔は、ラリー2(4月)とラリー3(現在)よりも長いが、パターンはおおよそ同じだ。

Bitcoinはショウを演じているようだ。2010年7月から現在までの、週毎のBitcoin価値チャートを以下に示す。

2013-11-18_09h13_18

爆発的と言っていい。

現在のラリーは、いつものように、不足予想、過剰に熱心な投資家グループ、および高すぎる期待が組み合わさった結果だ。だから、近々事態は落ち着き、まともな価格に戻るだろう。歴史が教えてくれる。

Bitcoinは、最近連邦準備理事会のベン・バーナンケ議長が、書簡を通じて議会に話した言葉にも後押しされた。

この種の[Biccoinのような]革新は、法規制あるいは監督省庁に関連したリスクを抱える一方、長期的期待をもたらす分野でもあり、その革新がより速くより安全でより効率的な支払いシステムを促す場合はなおさらだ。

有難い言葉だ。市場には、政府の規制によってBitcoinが最も重要な原則の一つである匿名性を失うのではないか、という恐怖がある。しかし、今のところBitcoinは大丈夫だ。

さあ新しいモニターを買って、チャートを表示させよう。これは面白くなりそうだ。

トップ画像提供:Flickr

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)