スマートフォンをArduino用の多目的シールドに変身させる1SheeldがKickstarterに登場, その日のうちに目標額を達成

次の記事

国内の「NAVER検索」終了へ、経営資源はLINEと“まとめ”に集中

ArduinoはDIYのハードウェアマニアにとって、天の恵みのようなものだが、でも単体ではほとんど何もできない。そこで、何をやりたいかに応じていろんなアドオンボード、いわゆる“シールド”を付けることになるが、それにはけっこうお金がかかる。音を出したいなら20ドル、インターネットに接続したいなら50ドル、GPSが欲しければそれも50ドル、…というぐあいに。

10月のDisrupt Europeで、エジプトから来た8名のチームが、みんなをびっくりさせた製品で会場賞に選ばれた。その製品1Sheeld(ワンシールド)は、スマートフォンからコントロールする多目的シールドで、だいたいArduinoにやらせたいことは何でもできる(上の画像のスマートフォンの画面のメニューに機能のリストの一部が映っている)。本日(米国時間11/21)、そのプロジェクトがKickstarterに登場したが、その日のうちにたちまち、目標額を達成してしまった。

そのアイデアは、うそみたいにシンプルだ。Arduinoで何かを作るためには、いろんんなセンサや、入力(スイッチ、スライダーなど)、出力(画面、スピーカなど)が要る。センサは、いろいろ探さなくてもスマートフォンの中にたくさんある。入力も、スマートフォンの画面のタッチインタフェイスで十分だろう。スイッチやスライダーやキーパッドなど、なんでも演じられる。出力は、画像音声ともに、完璧だ。だからスマートフォンをシールドにしたらいいじゃないか。というわけで1Sheeldが誕生した。

1Sheeldは、Arduinoをスマートフォンに接続する(今はAndroidのみ)。そしてスマートフォンのディスプレイや加速度計や磁気センサやWiFiや電話、GPS、ジャイロスコープなどなどの機能を利用する。またそのアプリにより、スマートフォンのディスプレイ上でスイッチやスライダーやキーパッドをエミュレートし、出力としてはスマートフォンにLCDディスプレイを演じさせる。スマートフォン上のアプリは、Bluetoothで1Sheeldとデータのやりとりをするし、ユーザのやりたいこと/やらせたいことのインタフェイスでもある。

Screen Shot 2013-11-21 at 2.37.54 PM

今の1Sheeldのアプリにできないことは、近くそのAPI/SDKが公開される予定だから自分で機能を実装できる。あなたのカスタムアプリ(1Sheeldにやらせる新機能)をアプリストアにアップロードして売ってもよい。

ただし、あなたのArduinoプロジェクトが実用段階に入るときには、そいつにスマートフォンを取られっぱなしでは困る。スマホに代わって恒久的なソリューションを作るためのソフトウェアライブラリも、すでに用意されている。その作業を容易にするために、できるかぎりシンプルなライブラリ作りを心がけたそうだ。

今朝Kickstarterに登場したこのプロジェクトは、目標額1万ドルを掲げていたが、宣伝も何もしないのに、その目標は6時間足らずで達成された。ぼくがこの記事を書いている時点では、集まった額は2万ドルを超えている。お値段はDisruptのときの発表価格よりやや高いが、でもわずか50ドルだ(初期の出資者向けのサービス価格もあったがそのぶんは売り切れ)。生産のためのパートナーはすでに中国で見つけたから、正規の発売は来年の5月を予定している。

app

関連記事。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))