KitKat

Android 4.4 KitKatがHTC OneとSamsung Galaxy S4のGoogle Playエディションで利用可能に

次の記事

データといえばExcelばっかしの企業に朗報, Host Analyticsが高度なクラウドアプリケーションへの変換をサービス

Android 4.4愛称KitKatがHTC OneとSamsung Galaxy S4のGoogle Playエディションで今日(米国時間11/25)から利用可能となる。これはMotorolaのMoto Xの次となるもので、こちらはGoogleが発表してから1か月足らずの11月19日にKitKatが利用可能となった。

10月にGoogleは本誌に、KitKatは開発途上国の次の10億のAndroidユーザの手に届くために設計された、と語った。その意味は古くて低仕様の機種でも最新の機能を持ち、サードパーティのデベロッパたちもアプリやコンテンツを一部の上級機だけでなくすべてのAndroidユーザに提供できる、ということだ。Android 4.4 KitKatでは、ランチャーが新しくなり、ダイヤラーに検索機能がつき、HangoutsをテキストとビデオとMMSで利用できるようになり、カメラのソフトウェアがHDR+対応になり、そしてGoogle検索とアプリとが深いところで結ばれるようになった。

しかしMoto XとGoogle PlayバージョンのHTC OneおよびSamsung Galaxy S4 には、10月の終わりに出たNexus 5にはあるGoogle Experience Launcherがない。今のところNexus 5だけにあるGoogle Experience Launcherには、左スワイプでGoogle Now、”OK Google”でGoogle検索などの、簡便なランチャ機能があり、またオペレーティングシステムの外見をカスタマイズできる。

HTC OneとSamsung Galaxy S4のGoogle Playエディションは、特定キャリアとの契約がないため補助金もなく、またキャリアがカスタマイズしたスキンではなく“ピュアな”Androidが動く。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))