homelessness
HandUp

救済資金提供者とホームレス個人を結びつけるHandUpが$850Kを調達

次の記事

女性特化型の会員制転職サービス「LiB」運営会社がCAVとEastから7000万円を調達

合衆国のホームレスは規模が大きく、しかもいろんな問題を含んでいるため、およそ一筋縄では解決できない。

しかしこのことは同時に、ホームレスの人たちを助けるための、いろいろな方法がありえることも意味している。国の補助から地域の非営利の取り組みまで。

サンフランシスコのHandUpは慈善的な寄付行為にテクノロジを組み合わせて、寄付提供者が特定の人に寄付をできるようにしている。彼らのことは、1月にも取り上げたk

協同ファウンダのRose Broomeは、彼女がまちで、サンフランシスコのおよそ1000人の慢性的ホームレスの、誰か一人を見かけるたびに、無力感に襲われていた。その人がどういう人か、どこから来た人か、どうやったら助けてあげられるのか、彼女には何一つわからなかった。

そこで彼女は地元のいくつかのホームレス対策NPOと仲良くなり、彼らの人物像とニーズを記録する仕事を始めた。そんな、人間に関する具体的な情報があれば、誰もが前向きに寄付する動機を持てる。つまりそれは、個々の人間に対するチャリティを募るためのKickstarterだ。

“最初は、片手間のプロジェクトで、ビジネスとは考えなかった。ただ、これをやろう、と思っただけ”、と彼女は言う。“でも、最初に考えたのよりも、ずっと状況は複雑だった”。

今では、HandUpは4つのNPOをサポートしておよそ200名のホームレスを、一人平均月額200ドルを投じて支援している。初期のサクセスストーリーの一つであるRodney Bellは、対麻痺患者のダンサーで、HandUpの支援で車いすを修理でき、その後一時保護施設へ入り、今では長期居住できる住宅に移っている。

このプラットホームは、人物像と彼/彼女のニーズを具体的にはっきりさせることを、寄付募集のための第一歩としている。寄付を実際に行うのは、パートナーのNPOで、お金の正しい使い方についても介助する。

“うち自体が支援NPOになるつもりはない”、と彼女は言う。“うちは、パズルの一つのピースでありたい、と努めている”。

handup-team

[HandUpの5人のチーム、最近85万ドルの資金を調達した。]

BroomeyはHandUpを会社として育てるために、インキュベータTummlの助けを借りた。また最初の大型投資家として、Jason Calacanisが手を貸した。そしたさらにVersion One VenturesのBoris Wertz、1776、SV Angel、Urban.us、Cyan & Scott Banister、Arjun Banker、Marc Benioff、Michael Birch、Ron Conway、Karl Jacob、Thomas McInerney、Alexis Ohanian、Leah Pearlman、Ariel Poler、Eric Ries、Kathy Salmanowitz、Scott Wainnerなどなどのエンジェル投資家たちから、85万ドルの資金が集まった。

資金は、支援事業の全国展開と、全国のサンフランシスコ以外の都市で活動しているNPOたちとのパートナーシップ構築に充てられる。TwilioStripeが、支払い〜決済の面で無料で協力してくれる。Pivotalはオフィススペースを提供してくれた。 TwitterとSquareを創ったJack Dorseyが、寄付提供者としてこのサイトに関わった。

彼女は曰く、“これであと一年はやっていけるわ。それまでに、私たちのやり方の有効性を世の中に証明しなくちゃ。マラソンの出場チケットを、もらったようなものね”。

以下は、最近の支援例の一部だ。上はフルート奏者のJeff、彼の前歯は、路上で寝ているとき殴られて、失われた。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))