Trendy Entertainment
asm.js
mozilla

Mozillaのasm.jsを使った初の商用ゲームDungeon Defendersが登場

次の記事

料理写真共有サービスmiil、リピーター数をもとにした飲食店ランキングを提供

あまりにも長年、Webのゲームといえば、それがブラウザ上でスムーズに動くためには必ず何らかの(往々にして怪しげな)プラグインをインストールしなければならなかった。最近はWebGLなどの新しい技術のおかげでやや変わってきたが、でもJavaScriptが元々スピード狂ではないために、プラグイン不要のゲームはなかなか普及しなかった。しかしMozillaは、この状況をasm.jsで変えようと努力してきた。このJavaScriptのサブセットは、Firefox上できわめて高速に動き、そして今日の発表によると、asm.jsを使った初めての商用製品としての3Dゲームがローンチの運びとなった。

その最初の作品はTrendy EntertainmentDungeon Defenders Eternity、同社の人気シリーズの最新作で、タワーディフェンス系にRPGの要素も加味したゲームだ。Webバージョンにアクセスするためには、Steamでデスクトップバージョンを買うか、今夜あたりAndroidバージョンを買うかしなければならない。そうすれば、playverse.comでWebバージョンを遊べる。

Mozillaによると、Webバージョンはビジュアルもゲームプレイもネイティブのデスクトップバージョンとまったく同じだ。 スピードもasm.jsのおかげでネイティブに近い。asm.jsのほかに、3DグラフィクスにはWebGL、位置感のあるオーディオはWeb Audioを使っている。

Trendy EntertainmentのCEO Darrell Rodriquezはこう言う: “Webはすでにカジュアルゲームでは大きな世界だが、でもMozillaのasm.jsがあれば、プラグインを使わないWeb上の本格的なゲームが可能だ。Dungeon Defendersは、URLをクリックしてからロードまでほんの数秒だから、ゲーマーたちも十分満足するスピードだ”。

今のところは一つだけだが、asm.jsとプラグイン要らずのゲームには業界全体の期待と取り組みがある。昨年はMozillaが初めて、asm.jsを使用する3Dゲームをデモした。でも本格的に普及するためには、主なブラウザのほとんどがasm.jsをサポートする必要がある。しかしGoogleは、今のところ無関心だ(ベンチマークにはasm.jsを含めたから、気にはしているらしいが)。Microsoftのstatus.modern.ieには、asm.jsの名前すら登場しない。当面はサポートする気がないのだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))