ニュース
ifttt
Block / Square / スクエア(企業)

SquareがIFTTTに対応…記帳などを自動化できるから便利

次の記事

キーホルダーにも「スマート化」の波?! ― 予定通知、メールチェック機能などを搭載

二つの大きな円で、こんなベン図を作ってみよう: “Squareを使っている人”と“IFTTTを使っている人”。

あなたは、この二つの円が重なる部分にいる人かな? なら、おめでとう! 今日(米国時間7/24)からは、SquareからIFTTTを使えるのだ。

IFTTTを知らなかった人には、ここに簡単な説明がある。IFTTTはIf This Then Thatの略で、二つのオンラインサービスを結びつけて、片方で何か(This)が起きたら、もう片方で何か(That)をする、という仕組みだ。

たとえば、「誰かがFacebookに自分の写真をアップロード」したら「テキストメッセージで通知が来る」ようにする、とか。「Dropboxの自分のアカウントに何か変化が」起きたら「部屋の明かりの色をブルーにする」とか。PhilipsのHueという電球を買ってIFTTTに接続し、IFTTTのDropboxチャネルをonにすれば、それができる。IFTTTを使うと、インターネットの上の複数の物事を結びつけることができるのだ。

Squareではどうなるかというと、あなたがSquareを使って買い物をする、返金をする、お金の引き出しや預金をする、などなどの処理をするたびに、ほかのサービスを起動できる。

たとえば、こんなことを:

  • 何かに関する決済が完了するたびにテキストで連絡をくれる
  • 返金や払い戻しをするとEvernoteを起動してそのことを自動的に記帳する
  • 大きなセールが成功したらYammerにお祝いのメッセージをポストする
  • 支払いをするたびにGoogle Docsのスプレッドシートに記帳する

IFTTTにはTumblrTwitter、iOS/Android/Android Wear、redditeBayなどへのアクション起動フックがあるから、いろんなことができる。あとはIFTTTのツールの使い方をおぼえて、レシピ(アクションのメニュー)を書くだけだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))